マイホーム購入お悩み相談室 | 住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

カラ梅雨の建築現場への影響は?

本日は、建売住宅のホーム・インスペクション
(住宅診断)にお伺いしてきました。


真夏のお天気のもと、冷房も扇風機もない
出来立てほやほやの建物を検査するので、
首からタオルをぶら下げて、着替えも持参で臨みます。

特に検査員は、灼熱の屋根裏に上がったり、
床下に潜ったりと上へ下への大活躍!
シャツは汗びっしょり、ズボンは埃まみれ、髪の毛は
松ヤニ(屋根裏の木材から垂れた)まみれになっていました。
(検査員さん、お疲れさまでした!)

草野はそこまでハードではありませんが、
ご依頼者の差し入れて下さった冷たいお茶が、喉に心地よい!

3時間近くかけて建物の外から中から拝見しましたが、
施工の狂いもほとんどなく、なかなか良い建物で何よりでした!


と、暑い夏を迎えて、インスペクションでさえこの状態。
施工現場の職人さんたちの苦労たるや、相当なもの。

今年はカラ梅雨で、しかも梅雨明けも記録的に早く
施工現場では雨の影響を受けず、さぞかし作業が進んだことだろう
と思ったら、さにあらず。

先日、工務店の社長さんたちとお話しした際にも、
「梅雨時は、毎年雨でひと息つけるのだけど
 今年は休むことができず、職人も疲れがたまっている」

とのこと。カラ梅雨の影響がこんな風に出るのですね。

単に効率が落ちるだけならまだしも、
施工ミスや施工中の事故など起こったら大変!
現場の職人の皆さま、くれぐれもお気を付け下さいませ!

また、いま施工中のお施主さんは、
天気が良いからと言ってあまり現場を急かさず、
栄養ドリンクなどの差し入れでもしてあげて下さいね!

当ブログをご覧の皆さまも、暑い夏に負けず、
お体にお気をつけ下さいませ。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『施工管理と施工監理、そしてインスペクションの役割』
『近隣対策はしっかりと!』
『建築工事を避けた方が良い季節は?』

|  |-建築現場の注意点 | 22:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/1905-db3bf241

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT