マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

社員建築士と外部建築士 どちらに設計して欲しい?

昨日は、ご相談者と住宅会社の面談に立ち会いました。

面談では、数社の住宅会社とお話しいただくのですが、
順番に話を聞いていると住宅会社のカラーの違いが見えてきます。

例えば、担当者は営業マンかどうかや
素材や性能に対するこだわり、アフターフォローの体制など、
住宅会社によって考え方はそれぞれ。

その一つに、設計を誰が行うか?というものがあります。


一部の大手ハウスメーカーなどのように、
担当の営業マンが自分で間取を考えることもあります。
そうすると担当者によるスキルの違いが如実表れてしまいます。
(確認申請に提出する図面は、建築士が描きます)


実際は、営業マンではなく建築士が設計する方が一般的ですが、
その場合、大きく2種類に分かれます。

一つは自社の社員の建築士が設計する場合、
もう一つは提携している外部の建築士が設計する場合です。

これはどちらが良い・悪いとは言い切れず、
それぞれにメリット・デメリットがあります。


まず、社員の建築士が設計する場合。

営業マンも設計者も施工の担当者も全て見知った仲なので、
意思の疎通もよく、手馴れた仕事が期待できます。

ただ、いつも同じメンバーで仕事をするため、
定型的な家づくりは得意でも、
その枠を外れた場合、対応しにくいこともあります。

そういう点では、ある程度デザイン性や構造工法、性能など、
建築スタイルが固まっている住宅会社向きかもしれません。


外部の建築士が設計する場合は、その逆と言えます。

施主の要望に合わせて設計担当者を選ぶことが出来るため、
デザイン性など幅広いニーズに合わせることができます。
さらに、住宅会社としては自社にはない
外部の新しいノウハウを吸収することもできます。

ただ、提案力の高い建築士ではそれなりのコストがかかりますし、
あまり気軽に設計してもらう訳にもいかないため、
住宅会社がお客様を選ぶこともあります。

また、建築士にとっては「自社の家づくり」という愛着も薄ければ、
「自分の作品」という意識も持ちにくく、元請けの住宅会社の方針にも
縛られるため、施主から直接設計監理を依頼された場合と
まったく同じ設計は期待できないかもしれません。


といったところですが、社員の建築士でもデザイン性が高く
幅広い作風に対応できるケースもありますし、施主のご要望に合わせて
社員と外部の建築士を使い分ける住宅会社もあります。

上記はあくまで一般論で、一つの目安程度とお考え下さい。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『建築家は長期優良住宅や低炭素住宅を建てられる?』
『不動産系の住宅会社と建築系の住宅会社』
『デザイナーズ風住宅と建築家住宅は違う?!』

| ◆住宅会社選び | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/1901-43ac3f5f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT