7月1日、国税庁より平成25年の路線価が発表されました。

「路線価」は相続税や贈与税の額を算定する目安のこと。

一般的に「公示地価」の8割程度で、
路線(道路)ごとに、その路線に面する土地の
毎年1月1日時点の評価額が定められています。


全国約36万地点の平均変動率は、
5年連続で下落しているものの、下げ幅は1.0%縮小して
前年比1.8%のマイナスとなりました。

東海3県の対前年平均増減率は以下の通りで、
愛知県はプラスに転じ、宮城県の+1.7%とともに全国で2県、
路線価が上昇しています。(カッコ内は昨年)

 愛知県 +0.1%(▲0.5%)
 岐阜県 ▲2.2%(▲2.5%)
 三重県 ▲2.3%(▲2.5%)


愛知県内では、再開発の駅ビルがオープンした一宮駅前の+5.6%、
金山駅前の+3.8%、名古屋駅前の+2.4%が目に付きます。


ちなみに、路線価は国税庁のホームページで、
誰でも見ることができます。

(路線価図に“100”と書かれていたら、
 1m2あたり100千円(10万円)のことで、もし200m2の土地なら
 100千円×200m2で20,000千円=2000万円が評価額となります)

   >>>国税庁HPの路線価はコチラ


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『主要都市の高度利用地地価動向 H24第1四半期 ~地価上昇の傾向~』
『平成24年度建築着工統計調査発表 ~駆け込み需要で6.2%増~』
『平成24年路線価発表 & 住宅エコポイント予約受付終了』


テーマ:住宅・不動産
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック