本日はご相談者と住宅会社数社との面談に立ち会いました。

その中で、別々の会社の担当者が口を揃えたように言っていた
こんな言葉が印象に残りました。

「お客様が“知らなくて、やれなかった”というのはダメ。
 “知っていたけれど、やらなかった”と思って欲しい」

「“後から知った”では、満足度が下がってしまう」



家づくりは決断の連続

メリットやデメリットを知った上で決断できれば、
結果は同じでも、満足度は高くなります。

でも、住宅会社によっては充分な説明をしないばかりか、
契約自体が目的となってしまい、住宅会社にとって都合の悪い
事実を隠したり、メリットばかりを強調したりすることもあります。

中には、デメリットを隠すだけではなく、
他に方法があることさえ隠すこともあります。

それでは、何とか家づくりが進んでも、
どこかでクレームになりかねません・・・

契約を取ることではなく、いい家を建てて
お客様に満足してもらいたいと考える住宅会社や担当者は、
そのことをよく理解しているので、決して契約を急かさず、
メリットやデメリット、他の選択肢などを丁寧に説明するのです。


今回、面談にお呼びした住宅会社は、
草野の目で見て素晴らしいと判断した会社ばかり。
草野の見る目に間違いはなかった!

・・・なんて自画自賛は置いておくとして、
住宅会社選び、担当者選びのポイントの一つがここにあります。


建築の素人である施主にとっては、
住宅会社が情報を開示しないと、
メリットもデメリットも分からず、判断できません。

住宅会社の姿勢次第では、
自社に都合のよい家づくりに誘導されてしまうことも・・・
それでは誰のための家づくりか分かりません。

自社の都合ではなく、施主のことを思って家づくりをしてくれる
住宅会社を見つけることが出来れば、
きっと家づくりはスムーズに進み、満足度に上がることでしょう。

それを見極めるポイントが、物事のデメリットを
きちんと説明してくれるかであったり、
過去のクレームやトラブルといった都合の悪いこと
ちゃんと教えてくれるかであると言えます。

これは住宅会社選びに限らず、口だけ調子の良い人は
信頼できないということですよね!


でも・・・

これって“鶏が先か卵が先か”の議論にも似ていて、
住宅会社を決める前に、住宅会社の言うことが
ホントに正しいかを施主が判断しなければいけません。

そんなこと、分かりましぇ~ん!

という時のために、相談専門の“中立な第三者”
住宅相談センターがあるのです!


・・・って、本日のブログは宣伝になってしまいました?!
失礼いたしました!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『よい住宅会社選びのために、まずやるべきこと』
『専門家に相談していることを、住宅会社や銀行に言ってもよいの?』
『住宅会社との間に必要なのは、信頼感と適度な緊張感』

テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック