マイホーム購入お悩み相談室 | 住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

地面の中は不安がいっぱい?!

昨夜は、インスペクターの勉強会でした。

テーマは地面の中・地盤について。
地盤の専門会社・UGRコーポレーションさんのお話しをお聞きしました。


東日本の震災以降、家を建てる人に限らず、
地盤についての関心が高くなっています。

主に地震による液状化の心配でしょうが、
軟弱地盤による不同沈下の不安もあってのことでしょう。
(液状化と不同沈下は別モノですが、
 少々ごっちゃになっている人もいるかもしれません)

ただ、地面の中の心配というのは、これだけではありません。


例えば、地中埋設物

地中に、建築物の基礎や杭が残っていたり、
コンクリートのガラや廃棄物などが埋められていたり。

撤去のために少なくない費用がかかってしまいます。


例えば、土壌汚染

工場やガソリンスタンドの跡地で、
油や水銀、六価クロム、ダイオキシンといった
有害物質に汚染されていたり。

土壌の浄化対策にも少なくない費用がかかります。


通常、地面の中を見ることができず、
購入した後で地中埋設物や土壌汚染が判明したのでは、
買主が損害を被るだけではなく、
売主も瑕疵担保責任を追及しかねません。

そこで、建物のインスペクション同様、土地の売買の前に
土地についてもインスペクションを行ったらどうか
というのが、昨日の主旨でした。

さらに、インスペクションを売主が行うことで
安心して不動産売買ができると同時に、物件の差別化につながり、
ひいては販売力もアップする、というお話しも。

そのためにUGRコーポレーションさんでは、
安価に地盤、地中埋設物、土壌汚染の診断ができる
“グリーンテスト”というパッケージも用意しているとのこと。


大きな買い物である不動産については、
できるだけ事前に情報公開することが、売主・買主双方に
とってトラブルを回避するいちばんの方法。

ホーム・インスペクションともども、
これから普及していくことでしょう。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『不動産売買の瑕疵担保期間はどれくらい?』
『地震の液状化被害で補償を受けるには』
『地盤保証があっても安心ではない?! 弁護士の講演より』

| ◆家づくりの知恵袋 | 11:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/1874-56309345

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT