住宅ローンのご相談をいただいている方が、
仮審査にお申込みいただくことになりました。

あまり時間的余裕がないため、
必要書類を早急にご用意いただいていますが、
すぐに揃わない資料もあります。

銀行によって、住宅ローンの審査時に
必要な資料は若干違いがあるので確認をしました。


とは言っても、どの銀行でも
最終的に必要となる資料に大差はありません。

そこで、審査時に慌てないように、
一般的に必要な書類が何かをご紹介します。


まずは身分を証明するもの。

 ・運転免許証
 ・健康保険証
 ・住民票
 ・印鑑証明書・実印


次が所得を証明するもの。

(給与所得者)
 ・源泉徴収票
 ・住民税課税決定通知書


(個人事業主・確定申告者)
 ・納税証明書
 ・確定申告書


(法人の代表・役員)
 ・法人決算報告書
 ・法人税・事業税納税証明書


そして物件の資料

 ・登記事項証明書
 ・公図、測量図


(売買契約の場合)
 ・売買契約書
 ・重要事項説明書
 ・分常時のパンフレット・間取図など
 ・建物の建築確認済証や検査済証


(工事請負経緯悪の場合)
 ・工事請負契約書(無い場合は図面と見積)


住宅ローンの審査用の資料は、何度も追加や出し直しをすると、
銀行の担当者の印象が悪くなります。

銀行員も人の子ですので、一発できっちり整った資料が提出されてくれば、
多少なりとも銀行内で融資承認を取り付ける熱意も変わってくるというもの。

できるだけ時間に余裕を持って、
早めに資料を用意するようにして下さい。


なお、銀行によって、また借りる人によって
必要な資料は変わってきますので、必ず銀行に確認して下さい。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『住宅ローン“とりあえず申込んでみましょう”にご注意!』
『ブラックリスト(個人信用情報)の入手方法』
『仮審査時に提示される、金利の優遇幅とは?』

テーマ:住宅ローン
ジャンル:ファイナンス
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック