マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

平成24年度建築着工統計調査発表 ~駆け込み需要で6.2%増~

昨日、国土交通省から平成24年度の
建築着工統計調査の結果が公表されました。

それによると、平成24年度の新設住宅着工戸数は
893,002戸と対前年比6.2%増で、3年連続の増加となっています。

アベノミクスによる景気回復の影響はまだ出てないでしょうから、
消費税の増税や住宅ローンの低金利を受けてのことでしょう。


利用別に見ると、下記の通り貸家の伸びが大きいので、
不動産投資家の方が敏感に反応していると言えそうです。

 ・貸家    対前年比10.7%増(320,891戸)
 ・建売住宅  対前年比5.6%増(124,536戸)
 ・マンション 対前年比3.3%増(124,027戸)
 ・持家    対前年比3.8%増(316,532戸)


ただ、こうした動きは手間賃や建材価格の高騰につながりますので、
これから家づくりを考えようという人にとっては、
コストへの影響が出てくるでしょう。


また、中部圏では対前年比3.0%増と上向きになり、
下記の通り、東海三県全ての県でプラスとなりました。

 ・愛知県  57,660戸(前年度比 +3.4%)
 ・岐阜県  11,086戸(前年度比 +4.3%)
 ・三重県  9,777戸(前年度比 +4.5%)



来年4月の消費税増税とアベノミクスによる景気回復、
金利上昇やインフレへの懸念を背景として、
恐らくこの傾向は今年いっぱいは続くことでしょう。

住宅・不動産業界は活況を呈するかもしれませんが、
敢えて現場がバタバタするこの時期を外すというのも
一つの選択肢になると思います。


なお、詳しいデータは国土交通省のHPをご覧下さいませ。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『平成25年地価公示発表 ~愛知と宮城で上昇~』
『いつが建て時? 円安と建材価格の関係は』
『平成24年着工戸数発表 ~消費税増税駈込み需要の兆し?!~』

| ◆土地・不動産探し | 13:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/1826-a530a7a3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT