マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

頭金ゼロで家を建てるメリットとデメリット

本日は、中日ハウジングセンター四日市会場さんにて、
“中日家づくり学校 建てま専科”
第一回目のセミナー講師をしてきました。

今回のテーマは、初回にふさわしく
『初めが肝心! 家づくりって何から始めればよいの?』
3組のご参加がありました。


終了後もいくつかご質問をいただきましたが、
その中にこんなご質問が。

「頭金ゼロで家を建てるメリットとデメリットはありますか?」

頭金ゼロ、すなわち全額住宅ローンで家を建てるということですね。


草野は、基本的に頭金ゼロで家を建てることはお勧めしません。

その理由(デメリット)は
 ・住宅ローンの借入額が増え、返済の負担が大きくなる
 ・中間時の支払など、資金計画が難しくなる
 ・住宅ローンの優遇幅が減る

など、いくらでも出てきます。


では、逆に頭金ゼロで家を建てるメリットは無いのでしょうか?

要は、上記のデメリット以上に、早期に建てるメリットが無いのか、
ということですが、メリットが全く無いワケではありません。


例えば、現在の低金利が利用できるということ。

今は、アベノミクスや日銀の異次元金融緩和で、
住宅ローンの金利が下がっています。

例えば、一生懸命頭金を300万円貯めても、
その間に金利が0.5%上がってしまえば、
返済総額はほとんど変わらなくなってしまいます。
詳しくはコチラの記事を参照)

いま賃貸住まいで家賃がかかっているのなら、その金額によっては
早期に建てた方がメリットが出るケースがあります。


また、アベノミクスの影響による、
建材価格の上昇も考えた方が良さそうです。

今後、円安による輸入建材の高騰にプラスして、
インフレによる価格上昇の可能性があります。

さらに、消費税の増税も控えています。


つまり、低金利インフレ前のいま、
長期固定の住宅ローンを組んで家を建てておけば、
将来の不動産価格の上昇も見込めて、
“おトク”ということになります。


・・・でも、これは結局のところ、
アベノミクス=景気動向如何ということ。

アベノミクスが大成功すれば何もいうことはありませんが、
大失敗して景気が悪化、デフレが加速したらどうなるか??

収入が減ってローンの返済が難しくなり、
不動産価格も値下がりして売るに売れない、
なんてことにもなりかねません。


景気がよくなるのだったら、多少金利が上がったり、
建材価格が上がっても、給与も上がるのだから大丈夫でしょう、
という話しもあります。

あまり損得に流されず、しっかりとライフプランを考え、
身の丈にあった資金計画を立てることが重要です。

って、またもやいつもの結論になってしまいましたネ。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『低金利の今が建て時なの?』
『建築工事の支払条件は、資金計画に合わせて交渉できる』
『住宅取得の自己資金、2割以上欲しいそのワケは?』

| ◆マイホームの資金計画 | 18:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/1809-e76abd43

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT