昨日は、土地購入にあたって
不動産会社との媒介契約についてのご相談があり、
その中で仲介手数料についてのご質問がありました。

不動産を売買する際、不動産会社に仲介を頼めば、
売買が成立するとウン十万(ウン百万)もの仲介手数料が請求されます。

そのため、この金額は妥当なのでしょうか?とのこと。


不動産会社が提示した金額は「売買価格の3%+6万円+消費税」
という宅建業法で定められた限度額以内でしたので
問題は無かったのですが、さらにこんなご質問が。

「売買価格の3%+6万円の“6万円”って、何ですか?
 何かの経費ですか?」


確かに、この“6万円”って端数、何だかよくわかりませんね。
と言っても、何の根拠も無い数字ではありません。


そもそも「売買価格の3%+6万円+消費税」という式は、
分かりやすく計算するための“速算法”。

実は、このウラには次のような決まりがあります。
(宅建業法46条に基づく国土交通省の告示より)

     売買代金                限度額
 200万円以下の金額           100分の5.25
 200万円を超え400万円以下の金額 100分の4.2
 400万円を超える金額          100分の3.15



売買の金額によって、手数料の限度額が決まっているのですが、
ポイントは「○○○万円を超える金額」という記述。

売買価格が2000万円だったら手数料は3%(消費税含まず)という
単純な話ではなく、2000万円の売買価格のうち、
200万円以下、200万円~400万円、400万円を超える部分の
手数料率が違うのです。

って、何だか良く分からないので、グラフにしてみました。

▼▼不動産の仲介手数料(例)▼▼
仲介手数料


売買価格2000万円の場合、
400万円超の1600万円分の手数料は3%ですが、
200万円以下の分の手数料は4%で8万円、
200万円超400万円以下の分の手数料は5%で10万円となります。

400万円以下の手数料が3%だと6万円ですので、その差額は
 8万円-6万円=2万円
 10万円-6万円=4万円
となり、その合計が6万円

この6万円が、3%+“6万円”の正体なのです。


・・・ということをざっとご説明しましたが、ちょっと分かりにくい話です。

一般の方がそこまで理解する必要はありませんので、
便宜的に「売買価格の3%+6万円+消費税」と覚えておいて下さい。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『土地探しのコツ・不動産屋さんとのコミュニケーションはマメに』
『意外とバカにならない家づくりの付帯工事・諸費用』
『不動産売買契約書は、事前にしっかり確認を』

テーマ:住宅・不動産
ジャンル:ライフ
コメント
なるほど!
速算式だったんですね。
勉強になりました。
2013/03/31(Sun) 13:40 | URL | nerona | 【編集
neronaさま
こんにちは。
ご覧いただきありがとうございます!


> 速算式だったんですね。

そうなんです。

まぁ、一応根拠はありますが、
式だけ覚えておけばそれで充分ですヨ。
2013/04/02(Tue) 14:18 | URL | コンサルタントKUSANO | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック