今週末、16日の土曜日に住宅相談センター主催の
住まいづくりアカデミーを開催します。

今回のテーマは下記の2つ。
『今話題! なぜホームインスペクション
    (住宅診断)で安心な家が建つのか?』。
『住宅会社をズバリ見極める! 契約時のチェックポイント』


草野はこのうち2つ目の契約時のチェックポイントを
お話ししますので、ただいまその資料を作成しているところです。


通常、ものを買う際の契約というのは、
すでに完成した商品を買う「売買契約」が一般的。

購入前に、実際の商品を見てじっくり検討することができますし、
万一購入した商品が気に入らなければ、返品することもできます。


でも、住宅の取得、特に注文住宅で建てようという場合はまだ商品がなく、
これから作るものを買う「請負契約」になります。

注文住宅の場合、ただ単に商品がまだ無いというだけでなく、
 ・金銭的に高価な買い物
 ・初めての経験で、購入にあたっての知識が無い
 ・オーダーメイドのため比較検討がしにくく、
  モノの価値が分かりにくい
 ・完成までの期間が長い

など、様々な不安要因が出てきます。

最近も
「仮契約したものの、打合せをしたら予算を
 大幅にオーバーしてしまったので、解約したい」
「土地も決まっていないのに、工事の契約をしてしまった」
「工期が間に合わない」
「施工が雑で手直しして欲しいけれど、取り合ってもらえない」

といったご相談をお受けしており、トラブルで特に多いのは
予算、工期、施工(仕様・品質)の3つになります。

でも、予算も工期も施工もすべて契約書類に書かれており、
それらをしっかりチェックすればトラブルを減らすことができるのです・・・


ということで、今度のセミナーでは契約時のチェックポイントを
 ・図面・仕様
 ・見積
 ・契約書・契約約款

に分けてご説明します。


これらの資料にはどのような家がいくらで建つかだけでなく、
トラブル時の取り決めも書かれており、
そこには住宅会社のホンネも見え隠れします。

住宅会社によっては、自社に都合のよい条文を入れていることもあり、
施主に不利な内容は修正してもらうくらいの姿勢が必要になります。
今回のセミナーでは、実際にあった“スゴイ”条文もご覧いただきます。

衝動買いをして後悔しないように、
これから工事請負契約を控えている方は、
ぜひご参考にお聞きくださいませ。



        第12回 住まいづくりアカデミー 初日
     2月16日(土)名古屋・栄の中日ビルにて開講!



 【第1講】13:30~15:00
『今話題! なぜホームインスペクション(住宅診断)で
                   安心な家が建つのか?』

 【第2講】15:15~16:45
『住宅会社をズバリ見極める! 契約時のチェックポイント』

  ・会 場 中日ビル 6階第1会議室
        名古屋市中区栄4-1-1
  ・参加費 無料(予約制)
  ・問合せ 住宅相談センター
        TEL 0120-756-365(なごむ 365日)

   >>>住まいづくりアカデミーのお申込みはコチラ


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『建築工事の支払条件は、資金計画に合わせて交渉できる』
『「有利に住宅ローンを借りる申し込み方」ライフプランセミナー開講』
『“今月中に契約を!”は、ハウスメーカーの単なる“挨拶”?!』

テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック