マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

住宅会社選びの基準=家づくりへの想い

本日は、住宅会社選びのご相談がありました。


納得いく住宅会社選びのためには、
数社を比較検討することが早道で、その数は3社くらいが適正。
それ以上多いと、打合せに手間がかかりすぎ、
じっくりと比較検討ができません。

では、たくさんある住宅会社の中から、
候補となる3社をどのように絞ればよいのでしょうか?

住宅会社選びに、模範解答や絶対的な基準というのはありません。
それは、家を建てる家族によって、家に求めるものが違うからです。


家に求めるものというのは、例えば耐震性、気密断熱性、
間取り、デザイン、広さ、価格など、様々な要素があります。

また、それぞれの要素にも程度や方向性の違い、
例えば性能であれば高性能からほどほどの性能、
デザインであれば洋風や和風などがあり、
その組み合わせは無限にあります。

ですので、住宅会社選びの際には、まずは自分たちの
家に対する要望をはっきり認識し、優先順位を付ける必要があります。

つまり、「住宅会社選びの基準=家づくりへの想い」であり、
自分たちの基準が見えてくれば、
その基準を満たす住宅会社を探せばよいという訳です。


とは言え、自分たちの要望に完璧に合った住宅会社など、
そうそう見つかりません。

それは、いかに要望=基準を明確にしたつもりでも、
意外と条件に幅があることも一因だからです。


例えば、気密断熱性とデザイン性を重視したい場合、
そのどちらをより重視するかで住宅会社選びが変わることがあります。

でも、気密断熱性とデザイン性のどちらをより重視するかは、
プランも見積もない段階では、決めきれるものではありません。

むしろ、住宅会社を決める過程で、各社との打合せや
提案を見比べることで、優先順位が明確になってくるものなのです。

そういう点では、候補に挙げる住宅会社は、
全く同じような住宅会社よりも、ある程度
特徴に幅を持たせる方が、出てくる提案にも幅が出て、
自分たちが何を優先したいのかに気づきやすいと言えます。


ただ、あまりに特徴がかけ離れ過ぎる、
例えばハウスメーカーと工務店と建築家を同時に比較しようとすると、
土俵が違って比較検討することができません。

ですので、ある程度傾向を揃える必要があるのは当然ですが、
3社候補に挙げるのなら、それぞれの会社に何を期待するかを
明確に意識するとスムーズに比較検討することができます。

例えば、A社にはとにかく性能を、B社にはデザイン性を、
C社には性能とデザイン性のバランスを・・・
という具合に選んでおくと、打合せの過程で
自分たちのこだわりが、性能とデザイン性のどちらに
より重きを置くかが見えやすくなります。


あらかじめ優先順位が細部まで明確に決まっている場合は別ですが、
たいがいの方はそこまで自分たちの要望が固まっていないですので、
自分たちの要望をより明確にするためにも、
候補となる住宅会社の選定は重要です。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『不動産系の住宅会社と建築系の住宅会社』
『“良い住宅会社”と“相性の合う住宅会社”は違います』
『急がばまわれ! 商談の前に家づくりの要望を固めましょう』

| ◆住宅会社選び | 21:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/1739-fbacee76

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT