先週末は、セミナーの合間を縫うように、3組のご相談がありました。

そのうち1組は、これから住宅会社と間取の打合せをするところ。
その際にバリアフリーについてのお話しが出ました。

バリアフリーと言えば段差解消車椅子対応
手すりの取り付けなどが真っ先に思い浮かびます。

ただ、これらの設備、どこまで作るかによって
間取が大きく変わることがあります。


例えば、段差を解消するためのスロープ

ちょこっと上がる程度だから、大したことは無いだろうと思うと
そんなことはなく、意外とスペースをとります。

国の基準では勾配は1/12
つまり10センチ上がるのに120cmの距離が必要になります。

階段一段分を20cmとすると、1段分上がるのに2m40cm、
地面から床の高さを50cmとすると、ナント6mの距離が必要になります。


また、車椅子を利用するなら、
単に廊下を通れる幅があるかだけでなく、
廊下を曲がれるかや方向転換できるかも考える必要があります。


すぐにバリアフリーが必要なら分かりやすいのですが、
将来への備えとしてバリアフリーを考える場合、
どの程度備えるかで、費用や間取が変わります。

介護が必要になったら自宅ではなく
施設に入るという選択肢もあります。

バリアフリーを考える際には、将来の暮らし方まで見据えて、
「今必要なもの」「将来どこまで求めるか」
よく考える必要があります。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『サービス付高齢者向け住宅で、老後の賃貸暮らしも安心?』
『間取を考える時、まずやるべきことは』
『床の段差を解消するバリアフリー・リフォーム』

テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック