マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

中古住宅で賢い家づくり 矢野きよ実さんと学ぶセミナー開催

本日は2組のご相談がありましたが、その中で
「中古住宅を購入、リフォームして住む」
というお話しが出ました。

草野は、家づくりを考える際に、
土地を買って新築する以外に、
このような選択肢を持つことに、大いに賛成します。


これまでの日本の不動産取引における中古住宅というのは
ほとんど築年数でしか評価されてきませんでした。

築年数が経てば評価は限りなくゼロに近くなってしまい、
「古家付き土地」などと呼ばれ、土地の上に余計なモノが
乗っかっているという扱いさえ受けています。

その場合、売買の対象になるのは土地代だけで、
むしろ不要な建物が付いているために、
解体費用の分だけ値引きされることさえあります。

これは「新しいものが良いもの」という価値観のもと
スクラップ・アンド・ビルドを繰り返してきた風潮が
いまも根強く残っているということになります。


でも、ひと口に中古住宅といっても、
実際の建築的な価値は千差万別

安普請で建てられ、ちゃんとしたメンテナンスを受けていない
ボロボロな建物もあれば、新築時に丁寧に施工され、
しっかりメンテナンスされている状態の良い建物もあります。

それが築年数でしか評価されないとするならば、
状態の良い建物を見つけることが出来れば、
土地代だけで優良な住宅を入手できるということになります。

格安で手に入れた分、お金をかけてリフォームし、
より自分好みの住まいにすることも可能。

新築以外は絶対ダメ、というのでなければ、
賢い選択肢といって良いでしょう。


ただし、注意点も。

繰り返しになりますが、中古住宅は状態も質も千差万別。
買ったはいいけれど、構造や設備ががたがたで
リフォームしても住めない、なんてものもあります。

また、もし建て替えることになったときにも、
法規制に引っ掛かってしまい、
建て替えが出来ないこともあります。

さらに、建物の状態は悪くなくても、
間取りが使いにくければ、魅力も半減です。

そういう点から、中古住宅を購入する場合は、
いかに優良な物件を選ぶかが重要になります。


とは言え、普通の人が中古住宅の質を見極めるのは、
正直なところ困難です。そこで現在注目をされているのが
ホームインスペクション(住宅診断)というワケなのです。

以前も当ブログでご紹介しましたが、国土交通省も
少子高齢化で新築住宅の着工数が減少する中、
増え続ける空家=中古住宅の流通を活性化させるために、
ホームインスペクションの普及を目指しています。

その一環として、1月26日(土)に
『安心安全なマイホーム購入講座』と題したセミナーを開講します。
ゲストにタレントの矢野きよ実さんをお招きし、
住宅相談センターのコンサルタント・吉田貴彦と
トークセッション形式で「ホームインスペクション(住宅診断)」や
「中古住宅かし保険」のご紹介をします。

中古住宅購入にまつわる不安を解消できますので、
中古住宅をお考えの方、ぜひご参加お待ちしています。



   矢野きよ実さんと学ぶ 『安心安全なマイホーム購入講座』
       1月26日(土)中日パレスにて開講



  ・日時:1月26日(土)17時~19時30分
  ・場所:中日パレス クラウンホール
       名古屋市中区栄4-1-1 中日ビル5階 
  ・費用:無料(ただし事前予約が必要です)
  ・申込:栄中日文化センター
       フリーダイヤル 0120-538-164
  ※ご来場者には、当日テキストに使用する 
   NHK出版社『家づくり必勝法』をプレゼント


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『これからの住宅政策・中古住宅売買 ~国交省のお話しから~』
『床・壁・天井に穴が?! 実は理想的な不動産取引』
『中古住宅+リフォームの見極め方』

| ◆セミナー・相談会情報 | 20:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/1711-4f488fa4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT