昨日お受けした新年最初のご相談は、
住宅ローンと生命保険についてでした。


住宅ローンをフラット35にした場合、
団体信用生命保険(団信)が任意になります。

住宅金融支援機構がオプションで用意していている「機構団信」は、
年齢や性別、健康状態によっては割高になるため、
民間の生命保険と比較・選択することで、保険料を抑えられます・・・

といった内容。

では、どのような保険があって、どれくらい安くなるのか?となると、
これは完全に生命保険の話になり、草野の範囲外。

そこで、家計の総合相談センターグループの一員
保険相談センターの相談員に説明してもらった次第。


ローンを組んで住宅を取得すれば、
必要な生命保険の保証額はかわってきます。

そのため、話のスタートは住宅ローンと団信なのですが、
生命保険、さらには老後資金やお子様の教育資金まで
話しが膨らみ、複雑になってくる?!

いえいえ、そんなことはありません。

ということで、本格的に保険の話しに入る前に、
保険の概要を相談員がこんな風に説明しました・・・


保険には様々な商品がありますが、単純に見れば
「亡くなったときの保障」
「病気や怪我に対する医療保険」
「老後の資金」
と目的別に分けられ、自分にとって必要な保障は何か
を考えることになります。

そして、必要な保障が何かが見えてくれば、
次はいくらの保障が必要かになります。


保険には、月々の掛け金が低く、保障が大きい
なんて都合のよいものはありません。

保障が大きければ掛け金は高く、
掛け金を抑えようと思えば、保証額も下がります。

大事なのは「保険に何を期待するのか?」ということ。

預貯金をたくさん持っているなら、
敢えて保険に入る必要はないでしょうし、保険に入るとしても、
預貯金でカバーできない分だけで構いません。

どの保険にいくら入るのかは、人それぞれという訳です・・・


という説明を隣で聞いていて、
「○○に何を期待するのか?」
というのは家づくりと同じだなぁと思った次第。

例えば、住宅ローンでも、
金利上昇リスクが無くて金利が低いなんてものはありませんし、
(金利の低い変動金利タイプは、将来の金利上昇リスクがあります)
住宅会社でもしかり。

大事なのは、まずは自分たちが
「どんなことをしたくて、そのためには何が必要か」
ということを認識すること。


これは保険や家づくりだけでなく、全てに当てはまるのでしょう。

自分は何にこだわるのか?
こだわりだせば、日常の選択一つ一つが、
生き様にまでたどり着くかもしれませんね?!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『オイシイ話にはウラがある?! 住宅ローン選びはトータルに判断を!』
『“良い住宅会社”と“相性の合う住宅会社”は違います』
『キーワードは何? あなたの家づくりにタイトルを!』


テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック