マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

なばなの里イルミネーション“冬華の共演”

本日までお正月休みをいただいている草野。
今年の年末年始は遠出はせず、のんびりと過ごしています。

でも、それでは子どもたちの思い出づくりもままらない?!
(保育園の宿題で、冬休みの思い出を書くらしい)
ということで、家族でちょっとお出かけもしました。


お正月は初詣や年始のあいさつ回りがあるので、
昨年末、大掃除がひと段落した宵のひととき。

行き先は、津島から木曽三川を越した桑名市長島町のなばなの里
お目当ては、ちょうどこの時期、夜間に開催している
ウインター・イルミネーション“冬華の共演”!

これがなかなかグッド!でした。


駐車場からゲートまでのアプローチにも
結構なイルミネーションがあります。

無料でこれだけ見られれば十分かな?!と、
安くない入園料を鑑み引き返すことも一瞬脳裏によぎりましたが、
入園前でこれなら中に入ったら相当すごいだろうとの期待と、
ネットで見た写真を思い出し、入園します。

さっそく中に入ると、総数700万球のイルミネーションはスゴイ。

▼▼水上イルミネーション▼▼
水上イルミネーション


目玉はなんと言っても「光の回廊(トンネル)」

入って早々に「光のトンネルはコチラ」との案内板があるので、
道順に従うものの、なかなかたどり着きません。

実は、入園ゲートから一番奥にあるのですね。
じらして期待を盛り上げる演出なのか?!

まんまとその手に乗って、いざトンネルへ突入!

▼▼光のトンネル▼▼
光のトンネル

200mの間に120万球のイルミネーションに、
それは思わず歓声&写真撮影!
カミさん名づけて『極楽への道』


そして、トンネルを抜けると、そこは・・・

▼▼大自然▼▼
大自然

一面に広がる「大自然」
夜明け(日の出)からオーロラまで、8000坪の空間に
9つのシーンが大パノラマとなって流れます。

▼▼大自然2▼▼
大自然2


そして、帰りにももうひとつトンネルが。

▼▼河津桜▼▼
桜並木

「河津桜」という桜並木を模したラブリーなトンネル。
カミさん名づけて『子宮の中へ』
う~ん、カップルならラブラブ間違いなし?!
(って、完全にオジサンのコメントですね^^;)


ほかにも、こんな渋いライトアップを眺めながら園内を1周・・・

▼▼ライトアップされた木々▼▼
水面に映る木々

入園ゲートに戻り、売店「村の市」にて夕ごはんを調達します。


実は、入園料が大人2000円(幼児は無料)なのですが、
うち1000円分は園内で使えるクーポン券。

そりゃあ使わなきゃ損!という訳で、
クーポン券を使っての夕食となった次第。


夕食後は、無料の足湯でポッカポカ。
足を温めるだけで、体中が暖かくなるのですね!

▼▼足湯▼▼
足湯


ということで、一家4人、締めて4000円で
イルミネーションを楽しみ、夕食もとり、
足湯でポッカポカで幸せ気分と相成りました。

自宅から車で30分程度と手軽に行けるのも、
草野家にとっては高ポイント!
2012年の最後を飾るよい思い出になったのでした。

駐車場も無料ですので、家族連れにも、
もちろんカップルにもお勧めですよ!


P.S.
今回使ったカメラはコンパクト・デジカメ。
さすがに夜景を撮るには厳しい・・・
いいカメラが欲しいなぁ。。。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『不同沈下を体験?! モリコロパークへ遠足』
『キャンピングカーで、まったりオートキャンプ(前編)』
『牧場でのんびりリフレッシュ!』

|  |-管理人のひとりごと | 09:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

あけましておめでとうございます

素晴らしいイルミネーションですね

今年もよろしくお願いいたします

| 間取作造 | 2013/01/04 21:02 | URL | ≫ EDIT

間取作造さま

ご訪問ありがとうございます!

名古屋・三重方面にお越しの際は、
一見の価値アリだと思いますよ!

| コンサルタントKUSANO | 2013/01/04 21:55 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/1708-b79c5df2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT