マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

住宅会社によって、提案のスタンスは違う

本日は、ある建築家の方とお話しをしました。


建築家と建てる家は、一般的に“個性的”というイメージが
あると思いますが、それは確かにその通り。

それは建築家の提案力が高いという面もありますが、
それと同時に依頼する施主のこだわりも強いからという面があります。

そのこだわりというのはデザインにとどまらず、
使い方であったり、性能であったり、
敷地条件が厳しかったりと、建てる家ごとに全て違います。

中には、施主のこだわりが非常に強く、
明確なイメージや、中には具体的な間取までをも
持っているケースもあります。

こだわりが強いほど制約条件となり、
建築家にとってはやりにくいこともあるのでは?

・・・という話題になりました。


その建築家の返答。

決してこだわりが制約になることは無いし、
施主のイメージ以上のものを提案するところに、
建築家が設計を行なう意味があるのでは? というもの。

建築設計のプロとしての矜持が垣間見えます。


このようなプロ意識と言うのは、建築家に限らず
工務店でもハウスメーカーでも多かれ少なかれ持っているもの。

ただ、中には
「施主の言われるがままに間取を書く」
という住宅会社もあります。

その方が、住宅会社にとっては手っ取り早く、
責任を取らなくて済むため、楽だったりします。

「お客さまが仰るとおりに作っただけですよ」
と言えば良いのですから。

敢えて言えば、建売住宅中心の住宅会社や不動産会社では、
そのような傾向が強いかもしれません。


プランや見積を提案するスタンスは住宅会社によってマチマチ。

施主の側も、プロならではの提案を期待している人もいれば、
「余計な提案をせず、自分が考えた間取どおりに作ればいいんだ!」
という人もいることでしょう。

住宅会社選びの際には、提案に対するスタンス
自分と合っているかも重要なポイントになるのです。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『“良い住宅会社”と“相性の合う住宅会社”は違います』
『建築家との家づくり ~こだわりが無い人ほど、実はこだわる?!』
『じっくり打合せ出来る住宅会社は?』

| ◆住宅会社選び | 20:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/1702-05f43883

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT