昨日は、午前中からずっとご相談があり、
最後の4組目のご相談が終わったのが夜の8時半。

さすがに4組重なると、少々目が回ってきます。。。

と、それはさておき、昨日のご相談は
資金計画検討のための家計の収支シミュレーションのご提出や
土地が見つかっての住宅ローンのご相談など、
初期段階のご相談が重なりました。


その中で「これから住宅会社を探すけれど、
お勧めの住宅会社を教えてください」
というご相談がありました。

このご質問、かなりの難問です。
というか、答えようがないといった方が正確です。

このご相談者は本日が初めてのご相談で、
どういう暮らしがしたいとか、何にこだわりを
持っているといったことが、まったく分かりません。

このご質問の中には、
「世の中には100点満点の住宅会社があるハズ。
 その住宅会社に家づくりを頼みたい」
という想いが見え隠れしますが、
そんな万人にとって完璧な住宅会社など、この世にありません。


例えば、大手ハウスメーカーを見ても、
構造工法やデザインなど、各社ごとに多少の特徴はありますが、
品質や性能、アフター対応など大差なく、万人受けするという点では、
どのハウスメーカーで建てても著しく見劣りすることはないでしょう。

むしろ、営業マン個人の差の方が大きいため、
会社選びより営業マン選びの方が重要と言っても過言ではありません。

工務店の場合は、ハウスメーカーとは逆に会社ごとの個性、
つまり得意・不得意の差が大きいため、
自分たちの要望や条件に合った会社を見つけるのが重要になります。


そう! ここがポイントで、“良い会社”であるのは当然、
自分たちと“相性の合う会社”かどうかが重要なのです。

デザインひとつとっても、純和風を希望しているのに、
輸入住宅専門の住宅会社と話しをしても、うまくいきません。

デザインだけでなく、気密・断熱性といった性能や、
無垢材といった素材、コストなど、さまざまな要素があり、
その優先順位は建てる人によって変わります。

Aさんにとって最高の住宅会社であっても、
Bさんにとっても最高とは限らないのです。

ですので、先ほどのご質問に対してはこうお答えしました。
「ご要望を詳しくお聞きしないと、お答えできません」


コンサルティングの場では、
チェックシートにお書きいただいた内容を分析し、
トータルに見た上でその方に合った住宅会社をご提示すると同時に、
優秀な担当者をご紹介しています。

そのノウハウこそがコンサルタントたる所以であり、
コンサルティング料金をいただく価値だと思っています。

家づくりというのは、試験の模範回答のようにはいきません。
いかに自分と向き合うか、正解はその中にあります。
コンサルティングは、その答えを見つけるお手伝いなのです。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『住宅会社選びは“加点主義”で!』
『夢を具体化させる、家づくりのヒアリングとツール』
『住宅会社選び、最後は直感!』


テーマ:住宅・不動産
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック