昨日は住宅ローン選びのご相談があり、
家計の収支予測(キャッシュフロー・シミュレーション)をもとに、
どの住宅ローンが良いのかをお話ししました。

単に「金利が安い」といった理由ではなく、
将来のお子さんの教育費用や老後資金などが問題ないか、
どれだけ金利上昇リスクを許容できるのかなど、
家計の収支面を踏まえて住宅ローンの選定を行うのです。


ただ、このように家計の収支を見ていくと、
全く問題のない方は少数派で、感覚的には半分くらいの方が赤字になり、
人によっては40年で数千万円の赤字になることもあります。

その場合、決して「赤字だから住宅取得ができない」というのではなく、
どうすれば「住宅を取得しても家計に不安なく暮らしていけるか」を、
 1)収入を上げる
 2)支出を下げる
 3)運用する

という点から考えていきます。


例えば、昨日のお話しで出たのが生活費

生活費(食費、水道光熱費、医療関連費、衣服費、
通信費、交通費、娯楽費、家族のこづかい等)というのは、
当然、家族ごとにまったく違い、子供が多かったり、
共働きの世帯では増える傾向にあり、
おおむね月額16万円~27万円程度が一般的な数字。

例えば4人家族で月額18万円ならかなり節約している感じで、
逆に月額25万円となると“削減する余地あり”となります。


もし月額25万円の生活費を1万円節約して24万円に減らすと、
1年間で12万円、40年間では480万円もの削減効果があります。

月額1万円なら、外食や買い物のの回数を減らせば
達成できるかもしれませんよね。

これが、月額2万円の削減なら40年で960万円、
月額4万円の削減なら40年で1920万円もの削減になります!
いま生活費がかかっている家庭ほど、改善の可能性が高いといえます。


とは言え、生活費だけで赤字全てを解消しようとすると、
日々の暮らしが殺伐としたものになりかねません。

ですので、例えば
 ・保険を見直す
 ・自動車を2台から1台にする
 ・パートに働きに出る
 ・住宅取得の予算を下げる
など、暮らし方や家族構成などに合わせて、いくつかの手段を
組み合せる必要はありますが、自分達家族にとって
適正な生活費がいくらかを知っておくことは重要。

他人に言われるがまま住宅ローンを組み、ただ漫然と暮らして、
いつの間にか家計が火の車にならないようにしたいですね。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『保険で資産運用するという方法』
『家計が赤字になりやすい家庭は?』
『家づくりの資金計画は難しい・・・ 早めの準備を!』

テーマ:家計簿
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック