10月23日、国土交通省は政府税制調査会にて
平成25年度の税制改正要望を提出しました。

その中の「消費税率引上げを踏まえた住宅取得対策」
 ・前回税率引上げ時(H9)と同様、駆込み需要とその反動で
  大幅な住宅着工の落込みが発生するおそれ
 ・需要の平準化と市場の混乱防止のため、
  平成24年末までに具体的な負担軽減策を消費者に明示する必要
 ・減税では負担軽減に限界があるため、住宅取得に係る
  負担を増やさないための十分な給付措置(予算)が不可欠

と謳い、具体的には下記の施策を挙げています。

1)住宅ローン減税の延長・拡充(5年間)
  現行制度を拡充し、借入限度額2000万から5000万に、
  年間最大控除額20万から50万に、
  通算最大控除額200万から500万に拡充。

2)住宅の取得に係る取引課税の非課税化
  登録免許税、印紙税、不動産取得税を非課税化

また、減税だけでは中堅所得者以下の負担を軽減できないとして、
給付措置と、住宅ローン減税の住民税からの控除額拡大
(現行制度では9.75万円が上限)も謳っています。


消費税増税対策としては、
以前の報道では「期間15年」「最大1000万」と、
住宅ローン減税をメインに据えていた感じでしたが、
どうしても高額所得者に有利になりやすいため、
多少の方向修正をしたようです。

これから財務省など省庁間の綱引きや政党間の駆け引きもある上、
実際に施行されるのは消費税増税の平成26年度なので
まったく内容は流動的ですが、現時点では
「消費税増税対策 = 住宅ローン減税」という枠組みで進みそうです。


ほかに今回の税制改正要望では、
 ・都市再生緊急整備地域等に係る特例措置の延長
  (所得税、法人税、登録免許税、固定資産税、
   都市計画税、不動産取得税)
 ・土地の所有権移転登記等に係る特例措置の延長
  (登録免許税)
なども盛り込まれています。

   >>>国土交通省の資料はコチラ(PDFファイル)


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『低炭素住宅認定基準(案)発表 & 意見募集開始』
『日経新聞に“消費増税の負担緩和 住宅ローン減税拡充”』
『平成24年度税制改正法案成立! 住宅関係の主な改正点』

テーマ:住宅・不動産
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック