マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

中古住宅でも住宅ローン控除を利用できる?

昨日は中古住宅の購入を検討中の方からのご相談がありましたが、
その中で、こんなご質問が出ました。
「この物件は住宅ローン控除が使えるのでしょうか?」

住宅ローンを使って中古住宅を購入したものの、
住宅ローン控除が使えなければ、結構家計的に痛いですよね。


実際のところどうかと言えば、中古住宅であっても
一定の要件を満たせば、住宅ローン控除を利用することが出来ます。
要件のうち、中古住宅に関する事項を見ると、次の通りとなります。

 ・マンションなどの耐火建築物の場合は、築25年以内
 ・耐火建築物以外の場合は、築20年以内


築年数が新しければ問題なく住宅ローン控除を利用できます。

そして、もし築年数が上記よりも古い場合であっても、
 ・一定の耐震基準に適合する建物
であれば、住宅ローン控除を利用できます。


この一定の基準というのは新耐震基準のことで、具体的には
 ・耐震基準適合証明書
 ・住宅性能評価表示制度の耐震等級1~3

を建築士や検査機関にて取得している必要があります。

耐震基準適合証明書があれば、
住宅ローン控除以外にも、所有権保存登記の登録免許税や
不動産取得税
などの軽減措置を利用することが出来ますので、
もし、検討中の中古住宅の築年数が20年以上
(耐火建築物の場合は25年以上)の場合は、
耐震基準適合証明書の取得を検討することをお勧めします。

ちなみに、これらの証明書の取得は“売主にしか出来ない”
(住宅を購入する前に取得する必要がある)
点にはご注意下さい。


なお、中古住宅を取得した場合の住宅ローン控除の適用について、
詳しくは国税庁のHPをご覧下さい


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『中古住宅には消費税がかからない?!』
『入居時期によってこんなに違う?! 住宅ローンの控除額』
『住宅ローン控除と繰上返済、どちらがおトク?!』

|  |-住宅の税金と法制度 | 20:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/1631-0d54b6c7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT