マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ブラックリストに載っていても住宅ローンを借りるということは

「ブラックリストに載っているけれど、
 住宅ローンを借りることが出来ませんか?」

というご相談が、このところ重なっています。


家づくりを全額自己資金で賄える人というのは少数。
多くの人にとっては「家づくりの資金=住宅ローン」という
図式が当てはまります。

そのため、ブラックリストに載っていてローンが借りられなければ、
それは家づくりを断念することにつながりかねず、
ご相談いただく方からは切実な思いが伝わってきます。


ただ、残念ながらブラックリストに名前が載っていると、
(個人信用情報に事故情報が記載されていると)
基本的に住宅ローンの借り入れは難しいのが現実。

ブラックリストに載っているということは、
過去に何らかのローンで返済を延滞したとか、
自己破産したということで、お金を貸す銀行にしてみれば、
返済が滞るリスクが高いと考えるからです。


それでも銀行がお金を貸そうというからには相応の理由が必要で、
それは例えば、次のような条件が揃っている場合です。

 ・ブラックリストに載った際、やむを得ない事情があった
  (知人の連帯保証人になっていた等)
 ・現在残債が無く、多少なりとも自己資金がある
 ・安定した収入が継続して見込める
 など

要は、銀行にとって
「やむを得ずブラックリストに載ってしまったが、
 現在の状況なら将来的にも返済に問題ないだろう」

と思ってもらえるかということになります。

(これはコンサルティングをお受けする際の最低限の条件でもあり、
 コンサルティングではいかにプラスの材料を多く揃えるかになります)


これは銀行の都合だけでなく、借りる人ご自身にとっても重要なこと。

もし、あの手この手を駆使して借り入れることが出来たとしても、
前記の条件に合致していないと、どこかで返済が滞り、
家計が破綻する可能性が低くないからです。
(金利などの借入れ条件も、通常より厳しくなります)

ブラックリストに載ってしまったということは、
それなりに理由がある訳で、その理由を解消することが
新しく家づくりを進める第1歩になるのです。


そして、もし住宅ローンを借りられる状況になったとしても
借りることがゴールではありません。しっかりローンの返済をし、
将来にわたって健全な家計を維持しなければ意味がありません。

そういう点では、家計の収支シミュレーションを出し、
家づくりにあたって適正な資金計画を立てることが重要。

ブラックリストに名前が載っていない普通の人でも、
家計の収支シミュレーションを作成すると
子どもの教育資金や老後資金の負担が大きく、
収支が赤字になる人はかなりの数に上ります。

一度ブラックリストに載ってしまった人なら、
なおさら慎重に進めていただきたいところです。


ブラックリストに載っていても
一定の期間が過ぎれば事故情報は抹消されるので、
「健全な借り入れをするために必要な期間なんだ」
と前向きに受けとめてみてはいかがでしょうか。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『ブラックリストに載っていても住宅ローンは使える?!』
『審査を確実に通すために知っておきたい、住宅ローンの“審査金利”』
『住宅ローン審査、銀行が見るのは何?(民間住宅ローン貸出動向調査)』

|  |-住宅ローン選び | 20:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/1622-89817a47

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT