本日は、昨日の間取りセミナーの参加者からのご相談で、
検討中の間取りを拝見しながらアドバイスをしました。

セミナーでもお話しした通り、
家族構成や生活スタイルをお聞きしながら、
暮らしに合った間取りになっているかを、
下記の点を中心にチェックしていきます。

 1)動線
 2)通風
 3)採光
 4)収納
 5)広さ
 6)周囲との関係


例えば1の動線は、生活動線や家事動線が交錯しないか、
もしくは無駄が無いかを見たり、ドアなどの開き方
建具の種類(引戸や開き戸)などを見ていきます。


今回のご相談でも、部屋に入口を追加して
設けるべきかかどうかとのお話しが出ました。

入口を設けるなら
 ・建具を付けるか
 ・付けるならどのタイプの建具にするか
 ・建具が開く向きをどの向きにするか
 ・大きさはどの程度にするのか

と話しが進んでいきます。

建具には空間を仕切る効果がありますが、
仕切りたいケースもあれば、必要な時だけ仕切る、
視覚的には仕切らずに音だけ遮断したいとか、
ニーズに合わせて様々な選択肢があります。

必要な時だけ仕切りたいのなら引戸が合っていますし、
音だけ遮断したいのなら、ガラスやポリカーボネートなどの
透過性のある材質の建具が合っています。
簡易に遮りたいのならロールカーテンという方法もあります。


建具一つとってもこれだけの検討要素があります。

間取り全体で見れば無数の組み合わせが出てきますので、
考えれば考えるほど迷いが生じることもあり得ます。

そんな時は、一度住宅相談センターにご相談下さい。
客観的な第三者の意見を聞くことで
冷静に間取りを見ることが出来るようになりますヨ。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『新居での暮らしをシミュレーションできる間取りのチェックシート』
『照明やスイッチ、コンセントはどこに付ける?』
『採光とプライバシーを両立する“ハイサイド・ライト”』

テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック