本日は、住宅会社選びについてのご相談がありました。

数社の住宅会社から提出されたプランや見積を見ながら、
これまでお聞きしたご要望と照らし合わせて、
各社の特徴や見積に漏れがないかなどを整理していきます。


プランは各社各様。

一つの要望からこんなに違ったバリエーションが
出てくるのかという出来で、
比べてみるとその違いが興味深いところ。

「A社の生活動線は使いやすそうですね~」
「B社は広いベランダが嬉しいですね!」
「C社のデザインはオシャレですね!」


と、楽しく拝見していくのですが、
その際、ご相談者からこんなお言葉が。

『減点ではなく“加点主義”で見たいと思います』

これは住宅会社選びはじめ、家づくり全般にあたって
とても重要なこと。思わず大きく頷いてしまいました。


大金を投じる一生に一度の家づくり、
完璧を期したいのが人情。

でも、プランや見積を見ていても、
ある会社は“動線はよいけれど面積が狭い”とか
“プランは要望を満たしているけれど、見積が高い”
など、長所もあれば気になる点もあるのが常。

完璧を求めすぎると、
その住宅会社の提案の良いところよりも
悪いところが気になってしまうのです。

これは、住宅会社選びに限らず、土地選びも同様。
便利で環境がよく、広くて形もよく、
そして“安い”土地などこの世にないでしょう。

そんな理想の土地や完璧な住宅会社を追い求めると、
「ここがダメ」「あそこが気になる」と、
いつまでたっても前に進むことができなくなってしまいます。


では、どうすればよいのかが、
このご相談者のおっしゃった“加点主義”

なにごとも悪いところがあって当たり前。
そんな悪いところよりも“良いところ”に注目することで、
前向きに決断することができるのです。

なかなか住宅会社を選ぶことが出来ない、という方は、
一旦気持ちをリセットし、良いところを見るようにすると、
自分に合った住宅会社を選ぶことができるようになりますよ。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『建てて終わりではない 長く付き合える住宅会社選びを』
『工事請負契約直前のコンサルティング』
『住宅会社選び、最後は直感!』

テーマ:家を建てる
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック