本日は、土地探しや新築、住宅ローンの借換え、
税金のことなど、いろいろなご相談が3組がありました。

その中で「いま、何をすればよいのでしょう?」
とのご質問がありました。なかなか鋭いご質問です!


家づくりというのは常に選択の連続で、
その選択には専門知識が必要なうえに、
さまざまな事柄が複雑に絡み合ってきます。

土地探しひとつとっても、エリアや立地、
環境、大きさ、価格など土地そのもののことだけでなく、
建物も含めた予算額や住宅ローンなど資金的なことや
税金のことも考えておかなければいけません。

さらに、建てる建物や施工する住宅会社によっても
建てられる土地が変わってくるため、建築的なことや
住宅会社のことまで抑えておかなければいけません。


・・・と言い出すと、初めて家づくりをする方にとっては、
どこまで考えておかなければいけないのか、
底なし沼のように感じてしまうことでしょう。

いきなり家づくりに関するすべてのことを
決められるワケはありませんが、
かといって行き当たりばったりに進めてしまっては、
あとから後悔することにもなりかねません。

ですので、家づくりのステップに合わせて、
その時々で必要なことを検討、判断する必要があるのです。


例えば、これから家づくりを考え始めときはこんな感じです。

 1)家づくり全体の流れや基本的事項を知る
 2)自分たちのことを知る


1)については、工期や支払いタイミングといったスケジュールや、
住宅ローンの選び方、住宅会社の種類、構造・工法といったこと。
これからの家づくりでどんなことが起こるのか、
おおよその道程を知るということです。

2)については、新居やこれからの暮らしについてのイメージや、
家計の現状と将来予測について。暮らし方によって住まい方も、
賃貸・持家、戸建・集合住宅、新築・中古と変わってきますし、
家計の状況如何で、家づくりにかけられる予算も変わってきます。

要は、家づくりという“地図”を持ち、
その中で自分たちが今どこにいるのか、
これからどこに進めばよいのかを知ろうということです。
これは家づくりのどのステップでも当てはまります。


とは言っても、初めての家づくり、
なかなか教科書通りには行かないという方も多いでしょう。

そんな方に“家づくりという地図”と“現在地”“これから進む道”
ご提示するのが住宅相談センターのコンサルティングであり、
コンサルタントは“道案内(ナビゲーター)”というワケなのです。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『家づくりは、自分の居場所をつくること』
『キャッシュフロー表は「家計の地図」』
『家づくりは選択の連続』


テーマ:住宅・不動産
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック