草野のカミさんは、自宅でピアノを教えています。

レッスンの時は、生徒さんの隣にイスを並べて座るのですが、
カミさん、そのイスが気になっているとのこと。

ふつうは、ピアノ用のイスなのでしょうが、
草野家は築50年近いためピアノの下に補強用の板を敷いており、
床と段差があるのでしっかりしたイスは置きにくいのです。

そして、ピアノを教えていると、
立ったり座ったりと動きが多いため、
背もたれのない、小柄なイスのほうが使い勝手がよい模様・・・


と思っていたカミさん、名鉄津島駅前のアンティーク雑貨屋
「うつわや Klasse!(くらっせ)」さん
見つけたスツールにひと目ぼれ!

それから1か月以上悩んだ挙句、ついに購入してしまいました!

▼▼スツール▼▼
横から

上から


アンティークっぽいですが、れっきとした新品。
ただし、ハンドメイドで、津島市のお隣、
稲沢市にある「ハンドメイド工房 HAKU」さんのもの。

こちらの工房は、
古い壊れた家具や住宅建築で余った無垢材などを使い、
一品ずつ手作りで家具を製作しているのだそう。


さっそくピアノの前に置いてみたところ・・・

▼▼ピアノとスツール▼▼
ピアノとスツール

サイズが小ぶりで、補強板の上に余裕で載っています。
座面も高めで、ちょこちょこ動く際もスムーズ。


以前、楽器練習用として購入したスツールと並べても、
全く違和感がありません。

▼▼スツール3脚▼▼
スツール3脚


『新婚旅行で行った、北欧のお城のイメージっぽくて、
 とっても気に入ってるの


と、ご満悦のカミさんでした!


P.S.

 昨日は立秋

 昼間はまだまだ夏の盛りですが、
 夜には涼しい風が吹いていました。

 草野は昨夜、家計の総合相談センターグループの懇親会で、
 名古屋・栄の中日ビルの屋上ビアガーデンにて、
 都心の夜景を背景に、爽やかな夜風にあたりながら、
 美味しくビールをいただきました!

 秋ももうすぐですね。

ビアガーデン


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『津島駅前にノコギリ屋根のアンティーク雑貨屋さん発見!』
『ピアノの重量対策』
『和に融けこむ楽器用スツール』

テーマ:雑貨・インテリアの紹介
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック