本日は、地元・津島市内のお寺にて古楽器コンサート
チェンバロ奏者のカミさんが主催で、
草野はその受付役&楽器運搬係で駆り出されていました。

1日中雨がちのお天気で、何人来てもらえるのか少々不安でしたが・・・

▼▼教津坊(きょうしんぼう)・本堂▼▼
本堂

小さな子どもから大人まで楽しめるプログラムということで、
まさに赤ちゃんからお年寄りまで、午前・午後で
130人以上の方にお越しいただきました!

▼▼コンサート風景▼▼
みんなで合奏


途中「みんなで合奏」コーナーでは、「こぶたぬきつねこ」で
盛り上がったり、終了後の「ひいてみよう」コーナーでは、
大人から子どもまで、大勢の方に古楽器に触れていただきました。

▼▼ひいてみよう1▼▼
弾いてみよう1

▼▼ひいてみよう2▼▼
弾いてみよう2

▼▼チェンバロ▼▼
チェンバロ


本日は、梅雨も明けて夏本番・・・のはずが、
雨ということで意外と涼しく、過ごしやすかったのが幸い。

しかも、お寺の本堂は深い軒に広い縁側と、伝統的寺社建築
雨が降っても縁側には雨は降り込まず、
縁側で受付をしていると涼しい風が流れていきます。

▼▼縁側▼▼
縁側

▼▼見事な彫り物の梁▼▼
梁の彫り物

もし晴れていても、深い軒が
夏の日差しを遮ってくれることでしょう。

・・・と、雨のお寺のコンサートで、
日本の気候に合った日本建築の良さを実感しました。

▼▼鐘楼▼▼
鐘楼


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『赤ちゃんから大人まで ~お寺で古楽器コンサート』
『文化のみち・百花百草でチェンバロの発表会』
『日本の伝統 餅つきと日本家屋』

テーマ:古楽
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック