昨日お受けした住宅ローンのご相談の中で、
地震保険のお話しが出ました。

ご相談者曰く
「大手ハウスメーカーの建物は地震対策がしっかりしているので、
 高いお金を出して地震保険に入るのはもったいない、と言われた」

とのこと・・・

果たして、実際のところはどうなのでしょう?


確かに、いま新築されている住宅は、
大手ハウスメーカーに限らず耐震性は十分に確保され、
さらに制震や免震といった技術も普及してきました。

地震で倒壊するようなことは考えにくく、
せいぜい半壊で、ほとんどが部分的な損傷程度でしょう。

部分的な損傷(一部損)の場合に支払われる保険金は、
地震保険の契約金額の5%。地震保険は建物評価額の半分までしか
かけられませんので、建物評価額の2.5%にしか過ぎません。
建物評価額が2500万円の場合で、最大62.5万円です。

 ※半壊(半損)のときは、契約金額の50%まで


それに対して地震保険の保険料はいくらになるのか?

愛知県内(都道府県ごとに保険料は変わります)の木造住宅の場合、
1250万円の地震保険の保険料は、年間38,250円です。
(各種割引を一切考慮していません)

10年間で40万円近く支払って、
万一の際に受け取れる保険金額が62.5万円だと聞くと、
費用対効果があまりに低すぎるように感じるかもしれません。


でも、自分の家は地震に耐えらるかもしれませんが、
大規模な災害では、それでは済まないこともあります。
例えば、近隣の建物から発生した火災で延焼してしまったり、
津波の被害を受けたりするなど・・・

そのような地震を原因とする災害で被害を受けた場合は、
地震保険に入っていないと被害が補償されないのです。

ですので、敷地がゆったりしており、
大規模な災害が起こっても周囲からの影響を受けにくければ、
地震保険に入らなくても良いかもしれませんが、
お住まいが街なかの建て込んだ立地なら、
地震保険に入ったほうが良いかもしれません。

結局は、立地条件と価値観によるということになるのです。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『長期優良住宅で地震保険に入ったら、忘れずに耐震等級割引を』
『液状化の実態から見る、事前の対策と事後の補修』
『火災保険のかけ過ぎ=超過保険に注意!』

テーマ:地震保険
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック