住宅侵入被害が平成9年の2倍以上になるなど、
物騒な世の中になりました。

それにつれて家づくりの際に防犯を意識される方も増え、
シャッターや面格子、防犯カメラ、ホームセキュリティといった
防犯設備もすっかり一般的になっています。


でも、泥棒は経験で建物の弱い部分をたくさん知っています。

たとえば、面格子を破壊するのにかかる時間はというと・・・
縦格子は9秒、ヒシクロス格子57秒というデータがあります。
(都市防犯研究センター「JUSRIリポート16号」より)


住まいの防犯は、設備だけに頼るのではなく、
泥棒が見て「侵入しにくい」と思わせるのが効果的。

そのためには「建物」だけでなく「住む人の生活習慣」
「地域環境」まで含めた防犯対策が必要になりますが、
具体的にどうすれば良いのでしょうか・・・

そんなテーマのセミナーが開催されます。


講師は、愛知県警察はじめ、各自治体での防犯住宅づくりの
指導をしている日本防犯住宅協会の柴山会長。

体験・参加型のセミナーで、
実際の泥棒の手口や防犯製品の性能を確認しながら
 ・泥棒目線の住宅・地域環境の見方を知り、体験する
 ・警察・警備・住宅のプロが学びに来るトータルの防犯対策とは
 ・今日から出来る防犯対策とは

といった内容を学ぶことができます。

これから家づくりを考えている人だけでなく、
すでに家づくりがお済みの方にも参考になります。
防犯が気になる方は、ぜひご参加下さい。



       日本防犯住宅協会よりセミナーのお知らせ
  あなたと家族を守る体験・参加型防犯セミナー 6月21日開催



  ・日 程 6月21日(木) 14:00~17:00 ※予約制
  ・場 所 名古屋市中村区則武1丁目2-1 カネジュービル6階
  ・参加費 2000円
  ・主 催 日本防犯住宅協会
  ・申込み TEL:052-363-7014

   >>>セミナーのご案内はコチラ


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『防犯対策に絶対はない』
『防犯と利便性・・・ ポストの位置はどこがいい?』
『住宅の防犯対策指南』

テーマ:住まいの防犯
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック