マイホーム購入お悩み相談室 | 住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

意外とバカにならない家づくりの付帯工事・諸費用

土地の購入を検討中の方から、
意中の土地を購入して建物を建築した場合、
予算内に納まるでしょうか?とのご質問をいただきました。

特に、建物本体や土地以外にかかる金額が
どれくらいになるのか気になるとのこと。

通常、建物本体や土地の金額に目が行きがちですが、
付帯工事諸費用まで気を配っているのは
資金計画をしっかりお考えになっている証拠ですね。


この方も気になさっている通り、家づくりにおいて
付帯工事や諸費用は意外とバカにできません。

例えば、解体工事、地盤改良工事、造成工事などは、
時には数十万から数百万円かかることもあります。

これらの費用は、土地の条件によって金額が大きく変わるため、
住宅会社としても見積に計上しないことも多く、
契約後に予算が膨らむ原因になってしまいます。

そんなことが起こらないように、
付帯工事やオプション工事、諸費用など全て含んだ資金計画を
工事請負契約を締結する前に確認する必要があります。


住宅相談センターではそのためのチェックリストを
ご用意していますし、今回のご質問に対しては、
以前から住宅ローンのご相談をいただいていましたので、
そのコンサルティングの一環として
付帯工事や諸費用を含んだ資金計画を作成しました。

そこで、付帯工事や諸費用にどのような項目があるのか、
ご参考にご紹介します。

予算を検討する段階で、これらがいくらになるかを想定しておき、
契約前に再度確認することで、契約後の増額を抑えることができます。


【付帯工事】
・解体工事
・地盤調査
・地盤改良工事
・造成工事、盛土
・歩道乗入れ
・外構工事
・上下水道・ガスの引き込み
・浄化槽
・設計料 など

【オプション工事】
・空調工事
・照明工事
・カーテン
・家具工事
・太陽光発電設置
・床暖房
・オール電化 など

【諸費用】
・不動産仲介手数料
・登記費用
・上下水道市納金
・アンテナ工事
・地鎮際・上棟式、近隣挨拶
・ローン関係費用
・火災保険・地震保険
・引越・仮住まい など



建物本体の費用は、あくまで建物を建てるための費用。
その建物でちゃんと暮らせるようにするためには、
付帯工事や諸費用がかかります。

これから家づくりお考えの方は、その点を十分肝に銘じて下さいね!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『家づくりの資金計画は難しい・・・ 早めの準備を!』
『工事請負契約直前のコンサルティング』
『見積を比べるときは比較表を!』

| ◆マイホームの資金計画 | 20:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/1510-0939f8e4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT