昨日はある銀行にお伺いし、住宅ローン担当者から
融資条件についてお話しをお聞きししました。


金利や審査など、住宅ローンの融資条件や方針というのは
銀行によってさまざま。

例えば、自営業者に強い銀行もあれば、
一部上場企業や公務員だと一律に金利優遇する銀行もあり、
逆に勤務先は審査に影響しないという銀行もあります。

審査金利も銀行によって違いますし、
優遇金利からさらに優遇してくれる銀行もあれば、
それ以上の優遇はしない銀行もあります。


こういった情報は、ネットやチラシではあまり出ていません。
住宅ローンは、同じような借入れ条件であっても、
微妙な違いで審査に通らないこともあるからです。

あまり融資条件をオープンにしすぎて、
「この条件で借りれるはずなのに、何でダメなの?」
というクレームが起こることもあり得ます。

例えば、変動金利は0.775%~との表示があったとして、
それなら0.775%で借りられると思うのが人情。
でも、その条件で借りられるのは、
一定の条件をクリアした人だけなのです。

そこで、どのような場合にどういった融資条件になるのかなどを、
直接担当者と会って教えてもらうというワケです。


その際は、最新の店頭・優遇金利、事務手数料、
繰上返済手数料、返済方法の種類(元利均等と元金均等)といった
オープンになっている情報だけではなく、
審査金利やどこまで金利を優遇してもらえるのか
といったウラ情報やマル秘情報(?!)を、
教えてもらえる範囲でお聞きします。

また、このように色々と話をお聞きしていると、
逆に銀行の担当者から“他行はどうなのでしょう?”
と質問を受けることもあります。

住宅ローンの専門家からの質問なので、
時に鋭い内容だったりしますが、
こちらも可能な範囲でお答えします・・・


こういった知識や情報がコンサルタントの命。
人と会うことでネットワークも広がります。

出来るだけ外に出て、いろいろな人の話を
お聞きしていきたいと思います!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『審査を確実に通すために知っておきたい、住宅ローンの“審査金利”』
『住宅ローン審査、銀行が見るのは何?(民間住宅ローン貸出動向調査)』
『店頭金利? 優遇金利? 実行金利?』

テーマ:住宅ローン
ジャンル:ファイナンス
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック