昨夜はファイナンシャル・プランナー(FP)の勉強会がありました。

名古屋周辺で活動するFPが20数名集まり、
これから隔月ペースで開く、第1回目の勉強会でした。

初回ということでメンバーの自己紹介のあと、
代表のひろえFP事務所の廣江淳哉さんが
独立系FPの経営・集客・相談手法についてお話しになりました。


その中で、ライフプランを考えるために
廣江さんが使っている記入シートが配布されたのですが、
その最初の設問がコチラ。

「ご家族のこれからの夢や希望を教えてください」

これって、とっても大切なことですよね。


ファイナンシャルプランニングというと、
おカネばかりに目が行ってしまうかもしれません。

でも、おカネはあくまで手段であり、お金を持つ、
もしくは家計を考える目的は幸せに暮らすこと

その幸せというのは家族によって違いますので、
まず家族にとっての夢や希望をハッキリさせるのが
ライフプランを考える第一歩になります。

家づくりにおいて、建物の形を考える前に
どのような暮らしをしたいのかを考えるのと全く同じことです。


夢や希望という大きな方向性が出ることで、
例えば日々の食費は切り詰めても趣味のおカネはかけたいとか、
旅行に行く回数は減らしても教育費は削りたくない
といった優先順位が見え、よりその家族に合った家計運営ができます。

ファイナンシャル・プランニングにおいて、
人生の3大資金は住宅資金・教育資金・老後資金と言われていますが、
暮らしの舞台となる「住宅」と暮らしの糧となる「家計」は、
人が生きる上での両輪と言って良いのではないでしょうか・・・


なんてことをつくづく思った勉強会でした。

FPとしての幅をより広げるために、
これから2ヶ月に一回ずつ、勉強させていただきます!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『家づくりは、自分の居場所をつくること』
『キャッシュフロー表は「家計の地図」』
『家づくりを思い立ったら、暮らし方を想像する』

テーマ:ライフプランニング
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック