マイホーム購入お悩み相談室 | 住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

建てて終わりではない 長く付き合える住宅会社選びを

昨日は、耐震補強工事のご相談者のご自宅に、
工務店さんと一緒にお伺いして来ました。

現場を拝見しながらお話しをお聞きし、
何をどこまで行うかを考えていきます。


耐震補強工事を検討する建物というのは
相応の築年数が経っており、耐震補強だけではなく、
水周りの交換や外壁や屋根などのメンテナンスなども
必要なことがほとんど。

そこで、これまでのリフォーム歴もお聞きしましたが、
いろいろな工事を行っているものの、
それぞれの工事は違う会社が施工しているとのこと。
時には、飛込みで営業に来た業者にお願いしたこともあるよう。

外壁の塗装など、他の職種が入らない単発の工事なら、
それ専門の業者にお願いした方が、コストが安くなるのが一般的。

塗装の次はクロス、その次は畳、そして水まわりなど、
必要なときに必要な工事を依頼できるため、
予算のやりくりもしやすいでしょう。


ただし、専門業者はあくまでその部分についてはプロでも、
家全体まではトータルに見てもらえないことが多いのです。

そのため、一度にまとめて行った方が良い工事を分けてしまい、
手間も費用も余計にかかったなんてことや、
本来行うべき工事の時期を逸し、
大規模な改修工事が必要になるなんてことも起こり得ます。

また、飛び込みで営業にくるような業者だと、
やりっぱなしでアフターフォローがなかったなんてことも・・・


家というのは何十年もメンテナンスが必要なものですし、
ある程度の専門知識も必要になります。

そういう点では、専門業者に都度頼むのではなく
家全体をトータルに面倒見てくれる存在があると
住む人にとって安心できます。

その一番の適任は、建物のことを熟知している、
新築時に建ててくれた住宅会社でしょう。


大手のハウスメーカーなどでは、10年どころか数十年スパンでの
点検プログラムを組んでいる会社もありますし、
地場の工務店には家族同様なお付合いをする会社もあります。

昨日一緒にお伺いした工務店でも、季節ごとに様子伺いに行くので、
雨樋の掃除や簡単なペンキ塗りなど、ちょっとしたことなら
その場で無料でやりますよ、なんてことを言っていました。


家は建てて終わりではありません。

安心して住み続けるためには、住宅会社選びの際にメンテナンスや
保証といったアフターフォローについてもしっかり比較することが重要。
家守りとして長くお付き合いできる住宅会社を選びたいところですね。

もし住んでいる家が、中古を購入したものだったり、
親から相続したものだったりして、新築した住宅会社との
付合いがないような場合でも、リフォームなどの機会に
これから家の面倒を任せられる住宅会社を探すと良いでしょう。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『アフターフォローが良いのは、ハウスメーカー? 工務店?』
『意外とかかる住宅のメンテナンス費用』
『建築家住宅のアフターは誰が行なう?』

| ◆住宅会社選び | 20:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/1481-f43b3a3e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT