マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

キャッシュフロー表は「家計の地図」

昨日ご紹介したゴールデンウィークの沖縄旅行。
記事はコチラ

4月29日から3泊4日で行ってきたのですが、
実をいうと、沖縄地方は前日の4月28日に梅雨入り、
天気予報を見ても連日雨となっていました。

抜けるような青空と澄み切った青い海はどうなる?!

との不安を抱えて現地入りした草野家一同でしたが、
雑誌で見るような雲ひとつない南国の空とまではいかなくても、
4日間、曇り時々晴れ、時々雨ということで、
何とか沖縄の海と空を堪能できたのでした。


とは言え、基本的に梅雨なので、
晴れていてもいつ雨が降り出すか分かりません。

沖縄の雨というのはものすごく、
ホテルの排水溝の処理能力を超えて雨水があふれ出したり、
高速道路で車を運転中には、視界の悪さに
時速50キロで徐行運転せざるを得なかったり。

そんな雨に降られては大変!

事前に4日間の行程は考えていたものの、
天候の具合によって臨機応変に変えられるように、
事前に買い込んだガイドブックを見ながら、
行程をあらためて考えました。

結果的には、激しい雨が降ったのは出かける前の早朝や
車で移動中の夕方などだったので、
あまり天候の影響を受けずに済みましたが、
事前の情報収集や計画立案の重要性を実感しました。


実はこれ、話しは急に飛びますが、
家づくりにおける資金計画や家計にも全く同じことが言えます。

家を建てたはいいものの住宅ローンの返済に苦労し、
最悪の場合せっかくの家を手放すというケースがあります。

そうならないように、住宅相談センターでは
40年分の家計の収支シミュレーション
(キャッシュフロー表)
を作成しています。


キャッシュフロー表は、例えて言うと
旅行における地図やガイドブックのようなもの。
どこにどのように行くのか決める際の材料。

ひと口に旅行に行くと言っても、
たくさんの場所をまわるのか、時間をかけずにまわるのか、
お金をかけずにまわるのか、いろいろな考え方がありますが、
まずは地図やガイドブックをもとに旅行の計画を立てますよね。

とは言っても、旅行にトラブルは付き物。

道路が渋滞していたり、高速道路が事故で通行止めになったり、
大雨が降ったり、行きたいお店が定休日だったり。
そんな時、地図を持っていれば、別の交通手段や目的地を選んで、
旅行を続けることが出来るのです。

もしくは、あらかじめトラブルを想定し、
いくつかの代案を持っていれば、
いざというときに慌てずに済みます。


赤字にならないように家計の計画を立てるのは当然ですが、
何かトラブルがあった時に臨機応変に対応できるよう、
心積もりしておくという点にも意味があります。

例えば、当初の想定よりも給与の額が上がらなかったら、
旅行やレジャーなどの娯楽費を抑えようとか、
逆に、子どもが予定より一人少なかったら、
多少贅沢をしてもよいとか。

ただ漫然と暮らしていると見えないことが、
事前にシミュレーションしておくことで見えてきます・・・


地図など持たず、ぶらり気ままな旅も悪くありませんが、
時間やお金に余裕が無いと、楽しい旅にならないかもしれません。

備えあれば憂いなし。

特に、大きなおカネが動き、家族の暮らしに
大きな影響を与える家づくりの前に、
家計の収支シミュレーション(キャッシュフロー表)を
作成することをお勧めします。

もし自分で作るのが難しいという方や、
相談できるファイナンシャルプランナーがいないという方は、
住宅相談センターまでご相談下さいませ。


▼▼沖縄みやげ▼▼
沖縄みやげ


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『家計簿つけて家計の改善』
『一般論では判断できない、住宅ローンの借入額』
『キャッシュフロー表で家計の収支予測と対策を』

| ◆マイホームの資金計画 | 10:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/1479-628b8ffb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT