昨日は、住宅会社と間取の打合せ中の方のご相談があり、
その中で、子ども部屋のお話しが出ました。


最近は、以前のようにしっかりした個室を設けるケースは減っています。

勉強は、リビングやダイニングの方がはかどるという話しもあり、
子ども部屋は最低限「寝る場所」と割り切る方が増えています。

また、子どもが複数いる場合でも、下の図のように
小さな間は大部屋にしておき、年頃になったら
個室に仕切るというのも一般的になっています。

▼▼大部屋の子供室▼▼
大部屋の子供室


でも、子ども部屋の考え方は新築時の子どもの年齢や
教育方針などと密接に関わるため、
いろいろな考え方があります。

例えば、子供室ではなく主寝室を大きくしておき、
子どもが年頃になったら主寝室を仕切るという方法。

▼▼大部屋の主寝室▼▼
大部屋の主寝室

子どもが小さな間は主寝室で家族仲良く川の字で寝て、
上の子が年頃になったら子供室を与え、
下の子が年頃になったら主寝室を仕切って個室にします。

これなら、新築時に子どもが一人だけで、
二人目ができるか分からない時などに、
主寝室をゆったり使うことができます。


また、こんな考え方もあります。

▼▼初めから区画▼▼
部屋を区画

大部屋を仕切って個室にするというのではなく、
初めから部屋を区画しておき、家族の成長と共に、
部屋に合わせて人が動くというもの。

ご主人の仕事がら、ご家族との就寝時間がずれているようだと、
図のような考え方も有効ですよね。

初めから区画しておく方が、あとから仕切るよりも
当初のコストはかかるものの、トータルのコストが
抑えられるというメリットもあります。


家族は家とともに成長するもの。
家族にとって暮らしやすい間取はそれぞれですので、
今回挙げた方法も参考にしてみて下さい。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『子育て家庭は柔軟な方がよさそう』
『リビングアクセスと年月の経過』
『小さな子供と寝床』

テーマ:住宅・不動産
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック