先週、経済産業省の「スマートハウス標準化検討会」にて、
スマートハウスの標準規格
「エコーネットライト」にすることが決まりました。
経済産業省の発表はコチラ


スマートハウスは、
電力需要をリアルタイムに把握するための
「スマートメーター」
家庭内の電気機器を一元管理するための
「HEMS(ホームエネルギー管理システム)」
を中心に、家庭の消費電力を制御する住宅のこと。


接続する機器は多種多様。
今回の決定で、約80種類の機器の制御が可能になります。

具体的には、
 ・メーター類(電力、水道、ガス 等)
 ・エネルギー機器(太陽光発電、燃料電池、蓄電池)
 ・家電機器(エアコン、電動ブラインド・シャッター・天窓、
       電気温水器、浴室暖房乾燥機、ホームエレベータ、
       床暖房、照明、冷蔵庫、食洗機、洗濯機・乾燥機 等)
 ・電気自動車

と、日常生活の全てをカバーしています。

住宅だけでなく家電や自動車、エネルギーなど
関係する業界が幅広いため、国としても節電だけでなく、
新産業の創出も目指しています。

欧米でもスマートハウスの動きが活発で、
今後は国際規格の標準化や国際市場の開拓なども
視野に入ってきます・・・


まだまだ漠然としているスマートハウスですが、
普及に向けて一歩前進といったところですね。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『住宅ゼロ・エネルギー化に向けた、国の平成24年度施策』
『これからの住宅?!「スマートハウス」』
『スマートグリッドへと続く道』

テーマ:エコライフ
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック