本日、住宅ローンのご相談の中で、
フラット35の団信についてのご質問がありました。


住宅ローンを借りるときは、
借主が万一のときに保険金で残債を一括返済するための保険
「団体信用生命保険(団信)」に入るのが一般的。

民間の金融機関の場合は団信加入が必須で、
保険料は銀行が負担しますので、
健康状態に問題がなければ、しっかり加入されます。


でも、フラット35の場合、
団信(機構団信)の加入は任意

窓口の銀行が団信の加入の有無を聞いてくるので、
入り忘れることはないと思います。

でも、知っておきたいのは、フラット35で団信に加入すると、
保険料(特約料)が別途かかるということ。
この保険料が意外とバカになりません。


いくらかかるかというと、
 ・借入3000万
 ・30年返済
 ・元利均等返済
 ・金利2.2%
の場合、下記の通りとなります(予定額)。

 1年目 107,300円
 2年目 105,200円
 3年目 102,500円


以下、年2,100円ほどずつ漸減し、30年の合計は
ナント1,819,600円にもなります。


また、機構団信にも民間の住宅ローン同様、
3大疾病保障(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)付きの団信もあります。
その場合の特約料は、以下の通りです。

 1年目 164,000円
 2年目 160,700円
 3年目 156,700円


以下、年4,300円ほどずつ漸減し、30年の合計は
ナ、ナント2,780,300円にもなります。


特約料は年払いで、借入残額に合わせて減っていきますが、
1年目で10万円以上の出費があります。
新居の新築や購入で物入りですので、あらかじめ見込んでおかないと
家計のやりくりに困ることもあり得ます。

フラット35は、民間の住宅ローンと違って保証料が不用ですが、
このような費用がかかることは覚えておいてください。

また、裏ワザとしては、機構団信の代わりに
民間保険会社の「収入保障保険」に入ると、
年齢などの条件によっては割安になることがあります。
(詳しくはコチラの記事をご覧下さい)


なお、任意だからといって団信に入らないのは、
リスク管理上止めておいた方が良いですよ!

   >>>機構団信のご案内は住宅金融支援機構のHPへ


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『フラット35制度変更 ~融資率が90%に & S引下げ期間短縮~』
『フラット35でおトクな団信は?』
『万一のときに安心?! 疾病保障付きの住宅ローン』

テーマ:住宅ローン
ジャンル:ファイナンス
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック