先日、1年少々ご相談いただいてきた方のお宅が
まもなく竣工を迎えるというので、拝見してきました。

このお宅を施工しているのは、名古屋市北区の葵建設さん
光熱費ゼロ円の「ゼロエネルギー住宅」にこだわっている
工務店というだけあり、お伺いしたのが真冬、しかも小雨模様の
寒い天候にもかかわらず、建物の中はポッカポカ!

そこで、ゼロエネルギー住宅とはどのようなものなのか、
このお宅を例にご紹介します。


ゼロエネルギー住宅というのは、
「住宅内で消費する電気などのエネルギーを自給自足する」
住宅のこと。そう書くと、何か特別な工法やシステムが必要と
思われるかもしれませんが、決してそういうワケではありません。

このお宅では、まず断熱と気密の施工を丁寧に行うことで、
Q値1.6という高い断熱性能を確保しています。
建築中も「この家は暖かいね」と、職人さんにも評判だったそう。


そして、間取りやプランを工夫し、太陽の暖かさや
風の爽やかさといった自然の力で建物全体を快適にしています。

例えば、リビングの吹抜けに設けたハイサイドライト(高窓)
夏にこの窓を開けると“煙突効果”で自然な空気の流れが生まれ、
涼しく快適に過ごせます。

▼▼吹抜けのハイサイドライト▼▼
吹抜けのハイサイドライト

また、同じくリビングには、
フローリングの下に蓄熱材を設けています。
蓄熱材は、冬は日中の太陽熱を溜め込んで夜間に放出し、
夏は室内の暑い熱を吸収してくれます。

▼▼施工中の蓄熱材▼▼
蓄熱材

このように、機械に頼らず自然の力を利用する考え方を
「パッシブ」と呼びます。


その上で、基本性能を大きく向上させる設備を導入しています。

例えば、こちらは蓄熱暖房機
夜間の安価な電気で熱を蓄え、日中はほとんど電気を使いません。
2台の蓄熱暖房機で家じゅうの暖房を賄います。

▼▼蓄熱暖房機▼▼
蓄熱暖房機

面白いのは設置の仕方。
書斎コーナーの床面を少し上げ、その下に蓄熱暖房機を設置。
床面との隙間から温風を出すというもの。
書斎のテーブル下が畳で、ちょっと楽しい空間になっています。

▼▼書斎コーナー▼▼
書斎コーナー


そして、洗面所にあるコチラの装置。
何かと思えば、熱交換型の24時間換気システムです。

▼▼24時間換気システム▼▼
24時間換気

ドイツ製のこのシステムは、
換気時にも室内の熱を逃さないため熱効率がよく、
しかも電気代もごくわずかとのこと。

熱交換型の24時間換気システムは、一般に使われる
第3種換気に比べるとイニシャルコストは安くはありませんが、
ランニングコストを含めた費用対効果はかなりのもの。

費用対効果を考えて、使う建材や設備機器を選ぶことで、
お値打ちにゼロエネルギー住宅をつくることが出来るというワケです。

逆に言うと、いくら高価な設備機器を使ったところで、
プランニングや施工が悪ければ、いたずらにコストばかりかかり、
逆効果になってしまうことも。

そういう点からも、ゼロエネルギーハウスをつくるには、
しっかりした経験と知識が必要なのです。


このように、建物の性能を上げ、自然の力を取り入れて
とことんエネルギーの消費量を減らし、
あわせて太陽光発電などでエネルギーを作ることで、
エネルギーの自給自足ができるようになるのです。

ゼロエネルギー住宅に興味があるという方は、
実際に建てたお宅を見学することが出来るそうですので、
葵建設さんにお問い合わせ下さい。

   >>>葵建設さんのHPはコチラ


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『パッシブソーラーを体感?! 秋の運動会』
『北海道の最先端エコ住宅を名古屋に持ってくると?!』
『自然を活かした風通し』

テーマ:エコロジーライフ
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック