昨日は、これから家づくりをお考えのご相談者に、
家を建てたら家計の収支がどうなるか、
40年分のシミュレーションをお渡ししました。

そのシミュレーション(キャッシュフロー表)をもとに、
家づくりの予算住宅ローンの借入額を決めていくという訳で、
家づくりのご相談をいただく方には、
本格的に家づくりに入る前の作成をお勧めしています。

一般的に家づくりの予算は、現在の年収や住宅ローンの
借入可能額などをベースに決めることが多いと思いますが、
家族構成や暮らし方で家計の収支は変わってくるからです。


例えば、住宅資金老後資金と並んで
人生の3大支出と呼ばれる子どもの教育資金
かなり大きな出費になります。

子ども一人当たりにかかる費用は、
小学校から大学までの学費も含めて、
統計による平均値で1140万円ほどになります。

これは全て公立の学校に通い、
そして大学には自宅から通った場合の金額です。

例えば、大学が下宿通いならプラス360万円
自宅通いでも私立ならプラス170万円かかります。
さらに、中学校から私立に通い、大学も下宿通いなら
1000万円近いプラスの2070万円にもなります。

大学まで行くのがあたりまえの時代、子ども一人当たり
1000万円から2000万円の支出が付いてくる訳で、
子どもが3人ならそれが3倍になります。

ですので、家計のシミュレーションを作成すると、
共働きで子どものいない世帯の収支はよく、奥さんが専業主婦で
子どもが多いご家庭では収支が厳しくなることがあるのです。
(2児の父である草野にとっても、他人事ではありません)


だからと言って、子どもを作らないことをお勧めする訳ではありません。
例えば、親の務めとして、子どものためにどこまでお金を出してあげるか
という考え方もあります。

例えば高校までの費用は当然として、大学に費用については
国公立・自宅通いの分は用意するから、私立や下宿通いなど、
それ以上の費用がかかる場合は、アルバイトでも奨学金でもよいので、
子ども自身で何とかしろというのも一つの考え方ですよね。

ライフプランを考えるというのは、こういうことなのです。


子どもの教育方針や、自身の生き方など、
これからの家族の人生をどうしようかなんて、
普段あまり考えない方が多いと思います。

家づくりという、費用面でも生活面でも影響の大きいイベントは、
これからの暮らし方を考えるいいきっかけになりますよ!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『一般論では判断できない、住宅ローンの借入額』
『キャッシュフロー表で家計の収支予測と対策を』
『家づくり = 家庭づくり!』

テーマ:家計簿
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック