本日は、ご相談者と外構会社さんとの
初回面談に同席してきました。


外構(エクステリア)というと、
建物本体で予算を目一杯使ってしまい、
「外構は必要最小限で」ということをよく聞きます。

でも、建物と外構は切っても切れない仲。
外構次第で建物はグッと引き立つので、
多少建物の予算を落としてでも、しっかり外構をつくることで、
総額が同じでも印象が良くなるものなのです。

今回のご相談者は、初期段階から
コンサルティングをお受けいただいているので、
そのご予算は確保していただいていました。

住宅会社との建物本体の打合せがひと段落ついたので、
いよいよ外構の検討にとりかかったという次第です。


外構工事を頼むには、
 ・建物をつくる住宅会社に建物本体と合わせて依頼する(一括発注)
 ・専門の外構会社に直接依頼する(分離発注)

という2つの方法があります。

一概にどちらが良い・悪いということはありませんが、
それぞれにメリット・デメリットがあります。


一括発注のメリットは、打合せや工程調整、
さらに責任の所在も住宅会社に一元化されるため、
手間や時間の節約施工責任も分かりやすくなります。

逆に一括発注のデメリットとしては、
建物本体が優先されるため「外構は余った予算で」
となってしまったり、専門スタッフがいないと
よい提案が出てこないこともあります。

特に費用面では、住宅会社が元請けとなり
下請けの外構会社に発注するため、
住宅会社の管理費用(マージン)が余計にかかるとともに、
他社との競合が無いため競争原理も働きません。


分離発注のメリット・デメリットは、
ちょうど一括発注と裏表の関係になります。

住宅会社の管理費用がかからないためコスト的に有利になり、
複数の提案を受けることで、提案やコストに競争原理が働きます。
ただ、建物本体工事との設計・工程の摺り合わせが必要で
工期に余裕が欲しいですし、事前の調整をしっかりしておかないと、
施工不良や瑕疵の責任が曖昧になりかねません。


今回のご相談者は、まだ住宅会社に一括発注するのか、
外構会社に分離発注するのかは未定ですが、住宅会社だけでなく
外構会社の提案を受けることで競争原理が働き、
プランや見積を比較検討できるようになります。

あとはプランや見積、工期、手間ヒマなどをトータルに考え、
ご自身に合った発注方法(依頼先)を選んでいただくだけです。
結果はどうあれ、住宅会社に任せっきりにしないことで、
よりよい建物+外構になることでしょう。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『コストは下がっても・・・ 相応の心構えが必要な“分離発注”』
『見くびってはいけない「外構」』
『分離発注という家づくり』

テーマ:住宅・不動産
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック