本日は12月の第2営業日ということで、
12月の大手都市銀行やフラット35等の金利が出揃いました。
以下、名古屋地区の住宅ローンの金利動向をお伝えします。


まずは変動金利型

ゼロ金利政策の継続により、先月に引き続いての据置きで、
中央三井信託銀行の0.775%や名古屋銀行の0.85%をはじめ、
1.0%前後の低水準で推移しています。


次に、固定金利・固定金利期間選択型

地銀・信金で先月から全く動きが無かった等、
大きな動きはありませんでしたが、
一部メガバンクで0.05%程度の微減となりました。
10年固定で1.45%~となっています。


そして、Sエコがスタートして注目されるフラット35

先月は5ヶ月連続の利下げから一転、
0.02%の利上げとなりましたが、今月も0.01%~の微増で、
最安値は下記の通り(カッコ内は対前月)となっています。

 ・20年以内  1.92%(+0.01%)
 ・20年以上  2.21%(+0.01%)
 ・フラット50  2.92%(変動無し)



なお、上記の金利は金利プラン優遇後の数字であり、
借入れ条件や借りる方の属性によって上下します。

住宅ローン選びや金利交渉の際には、お一人で悩まず
お気軽に住宅相談センターまでご相談下さい。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『フラット35Sエコ&復興支援・住宅エコポイント スタート』
『2011年11月の住宅ローン金利』
『住宅ローンの金利はどう決まる?』

テーマ:住宅ローン
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック