100万円の補助金(地場産材を一定量使った住宅は120万円)がもらえる
「長期優良住宅普及促進事業
       (木のいえ整備促進事業)」


平成23年12月16日の期限で追加申請の受付中ですが、
その受付期間を平成24年2月29日に延長するとの発表が、
昨日ありました。(国土交通省の発表はコチラ

これは、国の第3次補正予算成立により、
東日本大震災の被災地を対象とする同事業の予算が新たに確保され、
当初、被災地向けに確保していた予算枠を、
他の地域向けに振り分けることになったためだそう。

また、建物竣工後に行う実績報告の期限も、
本来は平成24年3月16日なのですが、
国の担当部署の木のいえ整備促進事業実施支援室に
電話で聞いたところ、「延長申請書」を提出することにより、
平成24年7月31日まで延長することが可能になっています。


これまで「木のいえ整備促進事業」の補助金は、
申請期限が8月31日から9月30日に延長され、
受付が終わったと思ったら、突如10月11日に追加募集が発表、
でも申請期限が2ヶ月程度しかないという具合に変遷を重ねてきました。

現場からすると先が読めず、
お施主さまに提案しても補助金を受けられない可能性があるため、
せっかくの100万円もの補助金が使いづらい状況が続いていました。

それが今回の措置により、2月末の申請申込み、3月の着工、
7月の竣工という工程を組むことが可能になりました。

始めから、これくらいの期間設定をしていてくれればなぁ、
と思ってしまいますが、何はともあれ工程にゆとりが出たのは確か。

いま設計打合せ中だったり、地場の工務店での着工を控えている方は、
認定を受けるためのグレードアップが必要になる可能性もありますが、
長期優良住宅補助金の活用を視野に入れても良いでしょう。

興味のある方は、木のいえ整備促進事業実施支援室のHPをご覧下さい。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『契約するときは工期の確認をしっかりと』
『長期優良住宅の補助金が追加募集開始!』
『長期優良住宅 補助金申請期限1ヶ月延長』

テーマ:住宅・不動産
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック