本日のご相談のご予約は1組。

のハズが、時間変更による担当者変更や
事前予約無しのご来店が重なり、
計3組のご相談がありました。


うちひと組は、マンション購入をご検討中の方。

会社員なのですが、起業・独立の準備中で、
その際の自宅兼事務所として使うご予定。

会社員のうちに住宅ローンを組んで
マンションを購入しようという算段です。
なぜかというと、自営業者よりも会社員の方が
住宅ローンの借入れがしやすいからなのです・・・


自営業者の場合、なぜ住宅ローンが借りにくい=審査が厳しいのか?

まず挙げられるのが、収入が安定していないと見られがちな点。
会社員であれば、毎月の給与が約束されているため、
住宅ローンの返済もスムーズに行われると見做されますが、
自営業の場合は収入が不安定=返済も不安定と見られてしまいます。

次いで挙げられるのが、所得が低くなりがちという点。
自営業の方は、節税のために支出を経費で落とし、
所得額を抑えることがママありますが、
そういう場合は要注意です。

住宅ローンの審査には直近3期分の納税証明書と
確定申告書が必要になるので、
住宅ローンを借りる予定がある場合は、
3年前から節税を控えておくのが賢明です。


自営業者だから住宅ローンが
借りられないということではありません。
要は準備・対策次第と言うことですね。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『“住宅ローン不承認”で工事ストップとならないように』
『なかなか難しい土地+建物のフルローン』
『住宅ローンの事前審査は慎重に』

テーマ:住宅ローン
ジャンル:ファイナンス
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック