マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

不同沈下や液状化を防ぐ 地盤改良の種類

設計が大詰めを迎えているご相談者から、
地盤改良工事についてご質問がありました。

地盤調査結果が出てきて、住宅会社から
地盤改良の方法が提示されたものの、
ホントにそれで大丈夫なの?とのご不安です。


なぜ地盤改良工事が必要かというと、
地盤が緩い(柔らかい)と建物の重さに耐えられず沈下し、
建物が傾いてしまったり(不同沈下といいます)、
地震の際に液状化してしまうことがあるからです。

地盤が緩い場合は、例えば固い岩盤(支持層といいます)まで
杭を打つ等の補強を行い、不同沈下や液状化を防ごうという訳です。


地盤改良の方法には、大きく次の3つに分けられます。

 1)表層改良工法
 2)柱状改良工法
 3)鋼管杭工法


どの工法を採用するかは、地盤の状況に合わせて決めます。
以下、それぞれの特徴を見ていきます。

表層改良工法は、軟弱地盤が地表から2mまでの場合、
逆に言うと地表から2m下に支持層がある場合に有効です。
基礎の下一面に、土とセメントを混ぜたものを固め、
建物の直下に一枚の固い層をつくり、面で建物の重量を支えます。

柱状改良工法は、軟弱地盤が2~8mの場合、
すなわち地表から8mまでの間に支持層がある場合に有効です。
土の中にコンクリートを柱状に何本も流し込んで柱をつくり、
その柱で建物の重量を支えます。

鋼管杭工法は、軟弱地盤がさらに深い場合に採用されます。
鋼製の杭を何本も地中に打ち込み、その杭で建物を支えます。
支持層の深度30m程度まで対応可能です。


費用は、表層改良<柱状改良<鋼管杭と言えなくも無いですが、
工法によって金額が上下するというよりも、
軟弱地盤が深いほど費用がかさむと言った方が適切でしょう。

また、2mの表層改良をするなら、
柱状改良の方が安上がりになることもあります。

さらに、最近は上記の3つ以外にも、
液状化に強いという触れ込みの“砕石パイル工法”や、
(鋼管やコンクリートの代わりに、砕いた石を柱状にする)
免震効果があるといわれる“地盤置換工法”
(基礎直下の土を撤去し、振動を吸収する発泡樹脂に置き換える)
など、さまざまな工法が開発されています。

結局、どの地盤改良工法が良いのかは、
地盤調査結果や建築する住宅、周辺環境、コストなどの
諸条件から総合的に判断することになります。


今回の場合は、地盤調査結果を拝見したところ、
住宅会社が提示した地盤改良方法で問題はなさそうでした。

このご相談者が
『地盤補強は大事な問題だと思っていますので、
 それに関するコストを惜しむつもりはないです』

と仰るように、東日本大震災以降、家を新築される方の
地盤に対する意識が高くなっていますね。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『歴史資料から読み解く、名古屋地域の災害と家づくり』
『地震による液状化対策はどうする?』
『ハザードマップで心構え』

|  |-間取りとデザイン | 17:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/1324-756af604

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT