間取りを打合せ中の方から、
ポストをどこに付ければよいでしょうか?』
とメールでご相談がありました。


この方は、建物本体ポストを付ければ、
『パジャマのまま、新聞や郵便物が取れて便利かな、と思いました』
とお書きになっています。

確かに、朝起きてパジャマのまま新聞が取れるのはいいですよね!

もし、屋外にポストを付ければ、
新聞を取るのに着替えなければいけないですし
(パジャマのままでも、気にしない人もいるでしょうが)、
雨が降っていたら傘をささなければいけません。


でも、建物本体にポストを付ける場合、
一つ注意しなければいけない点があります。
それは「敷地内に部外者が入りやすくなってしまう」ということ。

特に、郊外の住宅地で庭がたっぷりとれるような敷地の場合は
気軽に敷地に入れるようになっていると、
防犯上、不安に感じる方もいることでしょう。

これは、外構を外に向かってオープンにするのか閉じるのか
によっても変わってきますし、来客や郵便配達といった部外者を、
どのエリアまで受け入れるのかによっても変わってきます。

例えば、道路から玄関までのアプローチ部分は部外者の侵入を許容し、
庭やガレージは部外者をシャットアウトするといった考え方になります。


防犯と利便性のバランスというのはなかなか難しいのですが、
その両面をうまく兼ね備えた例をご紹介します。

ポスト

道路から敷地に入ったスペースの右手に門扉を設け、
道路正面の建物外壁にポストを設けることで、
門扉から入らず、郵便物をポストに入れられるようになっています。

ポストの隣にインターフォンを付ければ、門扉の手前で用が全て足せるので、
部外者の侵入をシャットアウトできます。

そして郵便物は、建物内部、玄関ホールの壁面収納から取り出せる
という仕掛けになっています。収納内にポストが付くことで、
旅行など長期の不在の際にも、ポストが郵便物で溢れることがありません。

さらに、門扉から玄関に続くアプローチは、クランク上にすることで
道路から玄関・建物内の視線をシャットアウトしています・・・


新聞や郵便物の受け取りは毎日のことですので、
出来るだけ不安や不便なく使えるようにしたいですね。
こんな事例もご参考にしてみて下さい。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『見くびってはいけない「外構」』
『住宅の防犯対策指南』
『戸締まりにご注意?!』


テーマ:住宅・不動産
ジャンル:ライフ
コメント
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
2011/11/24(Thu) 14:10 | URL | 履歴書の封筒 | 【編集
履歴書の封筒さま
ご訪問ありがとうございました!
またのお越しをお待ちしております。
2011/11/24(Thu) 19:20 | URL | コンサルタントKUSANO | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック