マイホーム購入お悩み相談室 | 住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

建築条件付土地 土地と建物の同時契約はご法度!

本日は二組のご相談をお受けしましたが、
二組とも建築条件付土地の購入をご検討中という方でした。


この「建築条件付」の土地というのは、
「建物を建築する業者が決まっている土地」のこと。

土地の売買契約後一定期間内(3ヶ月以内など)に、
指定の業者と建物の工事請負契約を締結することを条件に、
土地の売買契約を締結することになります。

つまり、建築条件付土地を購入して注文住宅を建築する場合、

 1)土地の売買契約締結
 2)建物の打合せ
 3)建物の工事請負契約締結


という流れになり、2の建物の打合せの結果
もし、気に入ったプランにならなかった場合は、
土地の売買契約を解除し、土地の代金が返還されることになります。


ここで重要なのは、土地の売買契約と
建物の工事請負契約を同時に行わないこと。
同時に契約してしまうと、
建築条件付の条項での契約解除ができなくなるからです。

でも、実際の取引現場では、土地・建物の同時契約は珍しくなく
本日のご相談者でも、お二組とも契約を急かされていました。

特にお一組の方は、まさに土地と建物を同時契約することになっており、
しかも、建物の打合せは叩き台のプランと概算見積が
一回出てきただけという状態。

これでは、契約後に建物プランの内容変更の可能性、
それも増額になる可能性が高く、もし予算を大幅にオーバーしたとしても
解約するには違約金が発生したり、手付金を放棄する必要があります。

すでに土地も建物も契約で縛られ、
他の住宅会社と比較することもままならない状況ですので、
決してオーバーな話ではありません。


このご相談者には、とにかく土地と建物の同時契約をやめ
建物の打合せを充分に行い、間取が固まり、
仕様・設備もどのようなものを使うのか確認し、
そのプランでいくらかかるかの見積をもらい、
さらに価格交渉まで行い、全て納得できた時点で
建物の工事請負契約を行うことをお勧めしました。

建築条件付土地というのは独占禁止法に基づいた制度であり、
土地と建物の同時契約は、ご法度!

不動産会社や住宅会社は、施主に経験や知識が無いことを良いことに
「皆さん、このようにしていますよ」
と、さもあたり前のように契約を迫りますが、
決してそのような言葉に乗らないようにご注意のほどを!


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『住宅会社を決める際に最低限必要な材料は?』
『“とりあえず契約を”と言われたら』
『建築条件付土地 住宅会社の見極め方』

| ◆土地・不動産探し | 20:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/1305-4980dc81

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT