昨日は2組のご相談がありました。
1組は耐震改修にあたって住宅会社の紹介依頼でした。

そしてもう1組は、これまで土地の購入時から
ご相談にお越しいただいており、先日着工を迎えた方。
ひと段落したので、新居の火災保険
生命保険の見直しのご相談でした。


保険相談センターの相談員と一緒に、
家計の収支予測(キャッシュフロー表)をもとに、
必要な保障額はいくらで、
どのような保険に入れば良いのかをお話ししていきます。

が、そもそもいまどんな保険にいくら入っているのかが
分からないと始まりません。ご相談者にお聞きしたところ

「職場の同僚が良いと言っていたから入った」
「親がかけていてくれた」


と、あまり内容を把握されていない様子。ありがちですよね。
そこで現在入っている保険の内容をご説明することに。

保険証券を拝見していくと、確かに良い保険もありましたが、
中には保障が足りなかったり、逆に保障が多すぎたり。
ご相談者も、

「え~っ?! いいと思って入っていたけれど
 そんなに保険に入っていたの?」


ということで、使える保険は活かしながら、
足りない分を補い、多すぎる分は減らすということで、
次回、その案を用意してご来社いただくことになりました。


保険は、何となく勧められるがままに入ってしまう
こともあると思いますが、入りっぱなしではダメで、
家づくりやお子様の誕生などで保障額が変わる都度見直さないと、
いざと言うときに保障が足りずに困ることもあります。

ぜひ一度、お手元の保険証券を見直すことをお勧めします。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『住宅ローンのちょっと変わった活用法』
『火災保険のかけ過ぎ=超過保険に注意!』
『家づくりに合わせて生命保険の見直しを』

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック