マイホーム購入お悩み相談室 | 名古屋の住宅専門ファイナンシャルプランナーによる、後悔しないマイホーム実現法

1000組の家づくり・家計改善をサポートしてきた住宅専門ファイナンシャルプランナーが、初めて家を建てる人のために、後悔しないマイホーム実現法を大公開!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

敢えて賃貸暮らしという選択肢

最近、同じようなご相談が重なることがよくあります。
昨日のご相談は二組でしたが、
お二組ともマンションの購入についてでした。


ひと口にマンションの購入といっても、
いろいろな考え方があります。

お一組はマンション購入に向けて資金を貯め、
終の棲家をご購入とのことでしたが、
もうお一組は、住宅の購入について
まだ漠然としていらっしゃるところ。

というより、持ち家にこだわらず、
賃貸暮らしでもよいのでは、とお考え。


持ち家だとローンの負担が大きくなり、
ローンの返済に追われる暮らしになりがちですし、
その負担感もけっこうなストレスになります。

このご相談者も、
「住宅ローンを組んで家を買った知人がたくさんいますが、
 見ていると、ローンの返済で大変そうなんですよね」

と仰っています。

なので、家を買うにしても、
資金を抑えられる中古のマンションで充分だし、
賃貸暮らしでもよいだろうとお考えなのでした。


これも一つの考え方。

持ち家は資産になるという安心感がありますが、
賃貸住まいも、費用的な負担以外に、
事由に住処を変えられる自由さもあります。

住まいよりも暮らしや趣味にお金をかけたい人、
休みの日には外出することが多い人、転勤の多い人、
家族構成の変化に合わせて住まいを変えたい人、
定年後は田舎や海外暮らしをしたい人などは、
敢えて賃貸暮らしという選択肢もあります。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『持ち家と賃貸住宅、どちらがおトク?』
『選択肢を狭めない家づくりの進め方』
『家づくりのタイミング 「家を建てない」という選択肢』

|  |-賃貸 vs 持ち家 | 20:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sumaizakki.blog5.fc2.com/tb.php/1274-00c76880

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT