昨日は、朝の時点ではご相談の予約がひと組ということで、
わりとノンビリ構えていたのですが・・・

電話が1件、2件、3件と入り、
午前中にあるハウスメーカーの方が資料持ってご来社のあと、
お昼に住宅会社選びについて、午後に住宅ローンの借入れについて、
夕方に分譲マンションの購入についてと、
合計3組のご相談をお受けすることに。
フル回転となりました!


その中のマンション購入について。

購入を検討している物件があるものの、
いま計画中の別の物件にも興味があるとのこと。
そこで、物件の良し悪しについていろいろご質問をいただき、
物件を比較検討していきました。


マンション選びの基準と言えば、立地・利便性、環境、広さ・間取、
価格、設備、建設会社・販売会社、管理体制
などいろいろあります。

今回のご相談者は、当面はご自宅としてお住まいになるものの、
いずれは賃貸し売却も視野に入れているとのこと。
そうすると、将来にわたって資産価値が落ちない
ということが特に重要になってきます。

街なかのマンションに住もうという人は、
敢えて言うと、環境や広さよりも利便性を求めています。
ですので、将来売却を考えているなら、
まずは利便性の高いマンションを選ぶのが確実でしょう。


そこで立地を見てみると、今回候補に挙がっているマンションは、
名古屋の都心にあるものの地下鉄駅から徒歩7分。
充分徒歩圏内とはいえ、都心という立地では少し距離がある?!

いま計画中のマンションは地下鉄駅に直結、
しかも栄・名駅に乗り換え無しで、利便性は言うこと無し!

建物の耐震設備を見ると、
今回候補のマンションは単なる耐震構造ですが、
いま計画中のマンションは免震構造。

東日本の大震災以降、
新たに建築されるマンションでは免震構造が増えつつあり、
免震でないマンションは見劣りすることになるかも。


・・・などなど、それぞれの物件の条件を比較し、
じっくりご検討いただくことになりました。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『賃貸市場の現状と今後の展望』
『住替えマンション 売却と賃貸しどちらがお得?』
『中古マンションのリノベーションという方法』

テーマ:住宅・不動産
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック