昨日は2組のご相談がありましたが、
そのうち1組は、そろそろ住宅会社を1社に決めようという方でした。

ちょうど複数の住宅会社と打合せをしているところで、
『住宅会社を決める際に、どんな材料を揃えればよいの?』
というお話しになりました。

ハウスメーカーや工務店は、ほとんどの会社が
無料でプランや見積を提出してくれるというものの、
「まだ正式契約の前に、どこまで資料をお願いしてよいの?」
「どんな資料があれば、適正な判断が下せるの?」

というご質問です。


確かに、1社に絞る前では充分な打合せができていませんので、
(何社も並行しての詳細打合せは物理的に困難)
詳細な図面や見積を依頼するというのはムリがあります。

でも、最低、次の3つの資料があれば
どんな家がいくらで建つのかが分かりますので、
住宅会社を絞る材料としては充分と言えます。

 1)プラン(配置図、平面図、立面図)
  “仮”ではなく、何度か打合せを重ねて間取が確定したプラン。
   平面図だけでなく、外観デザインが分かる立面図も必要。

 2)見積(概算資金計画書)
  建物本体の詳細な見積というより、建物本体だけでなく、
  オプション工事や別途工事、諸費用など、
  全体の資金計画が分かるもの(仮や概算で構わない)。

 3)仕上表(仕上げ・設備)
  表だけではなくカタログ写真も。できれば実物を
  サンプルやショールームなどで確認すると、なお良し。

中には面倒臭がって資料を出し渋る住宅会社もあるかもしれませんが、
この3点がセットで揃わないと意味がありません。強く要望しましょう。
(逆に言うと、これ以上の資料はなかなか出してもらえません)


その際、仕上げや設備については
「まだ打合せをしていないので(決まっていないので)、
 資料の作りようが無い」

と住宅会社に言われることもあります。

そんな時は、それまでの打合せを踏まえて想定されるグレードや、
住宅会社の標準仕様を入れてもらえば構いません。
大事なのは“確定”していることではなく“確認”することなのです。

というのも、1社に絞った後、仕上げや設備などの詳細を決めますが、
事前にグレードを確認していないと、もし最低グレードの仕様だった時
「イメージが違うから変えよう」と思ってもオプション扱いとなり、
予想以上に金額が上がることもあり得ます。

ですので、色や具体的な型番は詳細打合せで決めれば良いのですが、
間取や広さ、仕上げ・設備のグレードといった大枠は、
1社に絞る際に決めておくか、最低でも確認しておくことをお勧めします。
そうすることで、1社に絞った後の金額アップを最小限に抑えられます。

特に、大手ハウスメーカーの場合は「1社に絞る」=「契約」となり、
後戻りが難しくなりますので、金額交渉も含め、
1社に絞る際の確認は工務店以上に徹底したいところですね。

皆さまも、しっかり資料を揃えて、
あとで「こんなハズじゃなかった」ということの無いようにして下さい。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『住宅会社を比較検討するのは申し訳ない?』
『見積を比べるときは比較表を!』
『“とりあえず契約を”と言われたら』

テーマ:住宅・不動産
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック