一般の人にとって、不動産業界というと
“怖~い”というイメージがあると思います。
昨日ご来社いただいたのも、そんなお一人。

お手持ちの不動産を売却しようかお悩みですが、
どの不動産屋さんに声をかければいいのかご不安。

「こちら(住宅相談センター)にくれば、
 ちゃんとした業者さんを教えてくれると思って・・・」

とのことで、信頼できる不動産屋さんをご紹介したのでした。


不動産屋さんにも大手から地場、
フランチャイズといろいろありますが、
決して不動産屋さん全てが怖いわけではありません。

とは言っても、どのように見分ければ良いのかは、
一般の人にとっては難しいところ。

知り合いからの紹介でも無い限り、
電話やホームページから問い合わせたり、
店舗に飛び込んでみることになります。

そんなときには、次の点に注意してみると、
その不動産屋さんや担当者が見えてくると思います。

  ・契約を急がせる
  ・質問をはぐらかしたり、デメリットを言わない
  ・言葉使いが悪い
  ・時間や約束を守らない


と、こう書くと住宅会社や住宅会社の営業マン選びと
同じということに気がつくと思います。
結局は“社会常識”“相性”と言えるかもしれません。


今回のご相談者の場合は、
ご紹介した不動産屋さんとお会いになりましたが、

「話しをしてみて、ムリに売らそうということもなく、
 印象も良かったので・・・」


と、その不動産屋さんと話を進めになることになりました。
やっぱり会って話してみるのがイチバンですね。

それでもどの不動産屋さんに行ったら良いのか分からない方、
どうぞお気軽に住宅相談センターにご相談くださいませ。


 ▼▼ 本日のテーマと関係する過去のブログ記事 ▼▼
『住宅会社の営業マンの良し悪しって?』
『不動産を売るなら、どの媒介契約がいい?』
『不動産の「両手取引」は要注意』

テーマ:住宅・不動産
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック